「ピアノが上達する練習法」の記事一覧(2 / 18ページ)

指の使い方やピアノの弾き方で音色を変える方法

ピアノの表現において、音色を変える事はとても重要です。 一概にこうすれば変わると言えるものではありませんが、指の使い方などでどう音色が変えられるかをお話します。 1.そもそも音色とは ピアノで言う「音色」とは、「おんしょ・・・

ピアノの演奏会前に指を温める方法

自分の上達度を披露できる演奏会。 しかし、ピアノの演奏会前は、緊張していて指がこわばり易いです。 演奏会前にできる指の温め方や、リラックス方法を紹介しようと思います。 1.ピアノ演奏会前の指の温め方 1.内側から温める ・・・

指の長さが短い人が難曲を弾くためのコツ

ピアノを弾くにあたって、指の長さが短い、手が小さいというので悩む方は多いと思います。 しかしながら、指が短いからといって、ピアノで難しい曲が弾けないというわけではありません。 手が小さい人がピアノを弾く時のコツなどを、紹・・・

ピアノで指が足りない時の対処法

ピアノを弾いている時、指が足りない事があると思います。 その際の対処法を、お教えします。 1.指が足りないとは ピアノで言う「指が足りない」とは、主に1つのメロディーをつなげて弾く時に5本の指では弾ききれない時に使われま・・・

指の瞬発力が物言うピアノテクニック「跳躍」

音が大きく飛ぶ「跳躍」。 素早く指を動かし、正確に音を捕らえる瞬発力が必要なります。 そんな跳躍の練習法やコツを紹介します。 1.跳躍の練習法 1.跳躍の2音を取り出しましょう まずは跳躍する前後の2音を取り出して練習し・・・

ピアノで指が転ばない方法

速いパッセージや細かい装飾音を弾く時に、転んでしまう事はありませんか。 かっこいいメロディーも、壮大なアルペジオも転んでしまっては、その魅力が半減です。 正しい練習法で、きれいに弾きこなしましょう。 1.ピアノで言う「指・・・

指にピアノの音を覚えさせる方法

演奏会の前に苦しむのが、暗譜です。 しっかり指に覚えさせておかなければ、途中で弾けなくなってしまうかもしれません。 そのためのコツをいくつか紹介したいと思います。 1.弾きこみましょう 当たり前ですが、この方法が最も基本・・・

ピアノで音の大きさを変える時の指などの使い方

ピアノを弾く時に重要となる、強弱のつけ方。 指や腕を使ってピアノの大きさを変える方法や、その他のコツをお教えします。 1.指や腕を使って、ピアノの音の大きさを変える方法 まずは、フォルテを出すときの指や腕の使い方です。 ・・・

ピアノを押さえる時の指や腕の使い方

ピアノで表現をつける時に、「強弱や音色を変える」というのがありますが、これは鍵盤の押さえ方を変える事で、ある程度表現できます。 どのように指や腕を使えば良いのか、いくつか紹介します。 1.強弱のつけ方 まず、強弱をつける・・・

ピアノで指を痛めないためのコツ

ピアノを弾いているうちに、指を痛めた経験はありませんか。 自分の思っている以上に痛めて、後々ピアノが弾けなくなっては大変です。 正しく、安全な方法で、練習するようにしましょう。 1.指を痛めるという事 無理にピアノを弾く・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ