ピアノで指を痛めないためのコツ

ピアノを弾いているうちに、指を痛めた経験はありませんか。

自分の思っている以上に痛めて、後々ピアノが弾けなくなっては大変です。

正しく、安全な方法で、練習するようにしましょう。


1.指を痛めるという事

無理にピアノを弾く事で、引き起こしやすいのは腱鞘炎です。

これは本当に大変な事で、痛すぎてピアノが弾けなくなってしまいます。

場合によっては、何週間もピアノを弾くのを控えなければなりません。

他にも、無駄に力んだフォルテなどを弾いて指の関節を痛めたり、爪を剥がす事などもあります。

大小あるものの、指を痛めると完全に治すまで時間が掛かります。

演奏会の予定などが決まっていたら、大変な事になるでしょう。

しっかりと対策を講じるようにして下さい。


2.ピアノで指を痛めないコツ


1.爪を切る

ピアノを弾く上で、最も基本的な注意事項です。

ピアノを弾く時に、長い爪のまま弾くと、鍵盤に爪を引っ掛けて、折ったりはがしたりします。

また長い爪は怪我に繋がるだけでなく、正しい形でピアノを弾く時の妨げにもなります。

ピアノを弾く時にカチカチと音がなるようならば、それは爪を切る時の合図です。

深爪しすぎると逆に痛くて弾けなくなってしまうので、痛くならないぎりぎりのところまで、こまめに爪は切るようにしましょう。





2.指を温める

ピアノを弾く前に、指を温める事は大切です。

指を温めずに難しい曲を弾きすぎると、当然指を痛めます。

指を温める事は、運動をする前の準備運動と同じです。

おろそかにすれば、怪我をしてしまいます。

寒い時期や、長い間弾かなかった時は、念入りに指を温めるようにしましょう。


3.無理な練習をしない

ピアノにおいて練習量は、上達度に非常にものを言います。

しかしながら、無理な練習は危険です。

指や腕が痛いと思ったならば、練習を続けないようにしましょう。

基本的に正しくピアノを弾いている時に、指や腕が痛くなる事はほとんどありません。

もしも、酷く痛むようならば、それは練習の仕方や弾き方が間違っていると思ってください。

例えばありがちなのは、フォルテを弾く時に腕や指が痛いというものですが、それはしっかりと腕の重さや反動を利用できていないからです。

それらがちゃんと使えていれば、激しく手が痛む事はありません。

それでも痛むと感じるならば、それは自分のスタミナと曲の難易度が合っていないという事です。

自分の上達度に合っていない曲を練習し続けるのは危険です。

無理をせず自分に合ったものを選びましょう。

正しい練習は、正確なテクニックを無理なく身につけられる練習です。

長く確実に上達していくためにも、自分に合った練習量で練習をしましょう。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ