ピアノの演奏会前に指を温める方法

自分の上達度を披露できる演奏会。

しかし、ピアノの演奏会前は、緊張していて指がこわばり易いです。

演奏会前にできる指の温め方や、リラックス方法を紹介しようと思います。


1.ピアノ演奏会前の指の温め方


1.内側から温める

演奏会前に指をほぐすために1番効果的なのは、やはりピアノを弾く事です。

できるのならば演奏の1~2時間前に、できなくともなるべく出番に近い時間にピアノに触れるといいでしょう。

しかしながら、ここで弾き過ぎないように注意して下さい。

本番前に疲れては、意味がありません。

あくまで、指の調子を整える程度にしましょう。

また、その後はまた指がこわばらないように、定期的に指をグーパーグーパーなどして動かすと良いですね。


2.外側から温める

冬場に演奏会があるのならば、寒さ対策は万全にしましょう。

暖房が入っているといえど、緊張もしているため指先は冷えやすいです。

ピアノを弾く直前まで、カイロや手袋などで指先を良く温めておきましょう。

また、夏場も冷房が効きすぎていると、手先が冷える可能性があります。

夏だからと油断せず、上着1枚くらいは用意しておくと良いでしょう。





3.食事をしっかりと取る

中には、緊張のあまり食事をする気にならないという人もいるかもしれませんが、食事はしっかりととるようにしましょう。

食事をとらないと、血糖値が下がり、体温も下がりやすくなります。

食欲がなくても、チョコやゼリーなど、何かしら食べるようにしましょう。


2.演奏会前のリラックス方法


1.軽く身体を動かす

ピアノの演奏会前に緊張しすぎると、せっかく指が温まっていても、だんだん冷たくなっていってしまいます。

それを防ぐためにも、精神的にリラックスをする事は大切です。

リラックス法の1つとして身体を動かしましょう。

こわばっている身体を強制的にほぐすのです。

軽くジャンプしたり、肩を回すだけでも、だいぶ違ってきますよ。


2.演奏を楽しむ

最終的には、これに限ると思います。

演奏会では、自分の上達度を見せなければならないと思うかもしれませんが、ピアノで大切なのは、音楽を楽しむ事です。

人前で演奏する事への緊張で、それができなくなってしまっては元も子もありません。

ホールなどを利用するのならば、いつもとは違うホールの響きやピアノを楽しむ事ができるでしょう。

自分とピアノの音だけに集中し、ぜひピアノを楽しんでみてはいかがでしょうか。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ