指にピアノの音を覚えさせる方法

演奏会の前に苦しむのが、暗譜です。

しっかり指に覚えさせておかなければ、途中で弾けなくなってしまうかもしれません。

そのためのコツをいくつか紹介したいと思います。


1.弾きこみましょう

当たり前ですが、この方法が最も基本となるでしょう。

他の方法を試すにしろ、まずはこれを実践してみて下さい。

基本的に、演奏会で弾くようなレベルにもっていくならば、頭で考えているようではいけません。

何も考えなくとも、勝手に指が動くくらいまでは弾きこみましょう。

この方法で、ピアノ曲の大部分を指に覚えこませましょう。

それでも覚え切れないならば、次からの方法も実践してみて下さい。


2.ゆっくり練習する

いつも速いテンポで練習していると、勢いで弾けてしまいますが、緊張したりふと意識したりしてしまうと、途端に弾けなくなってしまうという事も少なくありません。

すなわち、演奏中に「暗譜が飛ぶ」という事です。

これは、1度でも経験した人にとっては恐ろしい事ですよね。

これを防ぐ方法として、「ゆっくり練習する」という方法があります。

これは、本当にゆっくり弾くという事です。

通常の速さの4分の1くらいだと思ってください。

このテンポで弾くと、どうしても次の音を意識せざる得ません。

なので、常に次の音を覚えていないと弾けないので、勢いで弾く事を防いでくれます。




この方法で弾けるのならば、暗譜が飛ぶ事はほとんどありませんし、音を確実につかむという意味でも上達しますよ。


3.確実に弾き始められるポイントを作りましょう

これは技術的というより、精神的な対策かもしれませんが、暗譜が飛んだ時に怖いのは止まった後弾けなくなる事です。

そこで、確実に弾き始められるポイントをいくつか作っておきましょう。

こうしておく事によって、たとえ暗譜が飛んでしまっても、少し戻って弾き始めれば良いですし、どうしても弾けなければ、その部分を飛ばして弾き進めてしまっても良いです。

もちろんそうならないのが1番ですが、そう思っているだけで安心感が増し、暗譜が飛びにくくなります。

ピアノ曲の1ページ中に2,3箇所、必ず弾き始められる場所を指に覚えこませましょう。


4.自分の演奏に集中しましょう

演奏会などでう暗譜が飛ぶ1番の理由は、緊張だと思います。

観客を意識する事によって、普段と違う弾き方になってしまい、暗譜が飛んでしまうのです。

これも精神論になってしまうのですが、とにかく周りを意識せずに、自分の演奏に集中しましょう。

演奏を楽しもうというくらいの気持ちで弾けると、緊張しないですし、良い演奏ができますよ。

暗譜が飛ぶのを恐れずに、思い切りの良い演奏を心がけてみて下さい。

人前での演奏を怖がらずにできれば、一層の上達が期待できますよ。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ