ピアノで素敵なワルツの弾き方

華やかなピアノ曲が多いワルツ。

弾いていると明るい気持ちになりますよね。

そんなワルツを素敵に弾く方法を、ご紹介します。


1.ワルツとは

ワルツとは、3拍子の優雅な円舞曲を指します。

円舞曲というだけあって、華やかで明るいものが多いです。

難易度は様々ですが、左手で3拍子を刻みながら軽やかに右手を動かすため、しっかりと弾くためにはそれなりの上達度が必要でしょう。

しかしながら、中級くらいなれば弾けるものもかなりあり、表現の幅を広げるためにも是非1度は弾いてみたいものです。


2.素敵なピアノワルツの弾き方


1.3拍子を意識する

ワルツの1番の特長ともいえる3拍子。

多くの場合、左手に3拍子を刻ませます。

拍には、「強拍」「弱拍」というものがあり、3拍子の場合は最初の1音が強拍、残りの2音が弱拍となります。

ピアノでワルツの感じを出すためにも、これらを意識した弾き方は大切です。

しかしながら、必ずしも強拍を強く弾き、弱拍を弱く弾くわけではありません。

あくまで、1音目が強調され、残りの2音が流れるという事です。

曲の種類によって、「1音目は重く、残り2音は軽く」や「1音目は上向きに、残り2音は下向きに」など、ピアノの弾き方を変えられると、そのワルツ特有の感じが出て良いでしょう。





2.縦と横のリズムを意識する

ワルツにおいて、リズム感を表現するのは大切な事です。

まずは上でも述べたように、3拍子を意識してみましょう。

それとは別に「縦と横のリズムを意識する」という方法があります。

ワルツで男女が踊る様を想像してみて下さい。

横に移動すると共に、縦にも揺れているのが思い浮かべられるでしょうか。

ワルツを弾く時に、横のリズムは意識できていても、縦のリズムはあまり気にしていない人が多いように思えます。

よりリズム感を出したいのならば、縦のリズムも表現できるようにしましょう。


3.軽い音で

曲によりますが、ワルツは華やかでリズミカルな場合が多いです。

音色にはよく注意しましょう。

フォルテやフォルッテシモを弾く時などは、音が重くなったり、下方向に落ちてしまったりしまいがちです。

ワルツの音色のイメージは「軽い」「上向き」です。

音を遠くまで飛ばすつもりで、指を立たせ気味で弾くと良いでしょう。

スタッカートや同音連打なども、べったりとした音にならないよう注意して下さい。

ワルツはテクニック的にも表現的にも上達できるので、是非1度挑戦してみましょう。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ