ピアノで指が転ばない方法

速いパッセージや細かい装飾音を弾く時に、転んでしまう事はありませんか。

かっこいいメロディーも、壮大なアルペジオも転んでしまっては、その魅力が半減です。

正しい練習法で、きれいに弾きこなしましょう。


1.ピアノで言う「指が転ぶ」の意味とその原因

そもそもピアノにおける「指が転ぶ」とは、どのようなものなのか。

簡単に言えば、ある箇所だけ速さが変わってしまう事です。

指が鍵盤を上滑りしまったり、指が言うことを聞かずどどどっと走ってしまうイメージです。

「転ぶ」というのは、細かいパッセージや速い音階を弾く時に良く起こります。

原因としては、指が回りきっていないのにインテンポで弾こうとしたり、もしくはうまく弾けていたのに弾きすぎて崩れしまったりなどが考えられます。

いずれにしろ大切なのは、丁寧な練習です。

次の練習方法を、参考にしてみて下さい。


2.ピアノで指が転ばないための練習法


1.ゆっくり弾く

これは、指が転ぶ時だけでなく、ピアノにおいて弾けない時に行われる、重要かつ有効な練習方法です。

弾けない箇所は、まずゆっくり弾く練習しましょう。

丁寧に1音ずつ、鍵盤の真ん中をしっかり押さえるようにしましょう。

止まらずに弾けるようになったら、少しずつ少しずつテンポを上げます。

地味ですが、確実に上達できる方法ですよ。


2.フォルテやスタッカートで弾く

ゆっくりから少しずつ弾いても弾けない場合は、フォルテやスタッカートで練習をしてみましょう。




ここでも注意して欲しいのは、ゆっくりから練習していく事です。

最初は1音1音、音を確かめるようにゆっくり弾き、少しずつテンポを上げていって下さい。

フォルテやスタッカートで弾く事によって、指のコントロールや手の移動が確実になり、転びにくくなります。

一見関係のない練習に感じますが、こちらも有効な方法です。

ぜひ試してみて下さい。


3.自分の癖を見つけましょう

上記の方法を試しても、弾けるようにならないのならば、いよいよ反復練習ではどうにもならない段階です。

まずは、自分の弾き方をよく観察しましょう。

その時に、いつも同じ場所で同じようなミスの仕方をしてはいないでしょうか。

例えば、「いつも黒鍵で外している」「指をくぐらせる時にひっかけている」などです。

それらが見つけられたら、次はその付近の2,3音を練習するようにしましょう。

その2、3音を、ゆっくりのテンポから徐々に上げて練習し、確実に弾けるようにします。

弾けるようになったら、少し範囲を広げて4,5音を弾いてみます。

そうして最終的には、その箇所全部まで拡げてみましょう。

また、音を外しまいがちなときは「どっち側に外しやすいのか」というのも観察してみて下さい。

「いつも黒鍵の右側に外している」のならば、練習する時に少しだけ左側を弾くように意識してみましょう。

それだけで変わってきますよ。

ピアノの上達で大切なのは、地道な練習です。

弾けない箇所も、様々な練習をして少しずつピアノの音を指になじませれば、転ばないようになりますよ。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ