ピアノを押さえる時の指や腕の使い方

ピアノで表現をつける時に、「強弱や音色を変える」というのがありますが、これは鍵盤の押さえ方を変える事で、ある程度表現できます。

どのように指や腕を使えば良いのか、いくつか紹介します。


1.強弱のつけ方

まず、強弱をつける時の、指や腕の使い方、鍵盤の押さえ方です。

大きい音を出す時は、ただ鍵盤を速く強く叩けば良いというものではありません。

力任せに鍵盤を叩いても、硬い音や耳障りな音になりますし、最悪指を痛めてしまい、上達のさまたげになります。

フォルテを出すコツとしては、腕や手の重さを良く意識して弾く事です。

それらを利用して弾く事によって、無理な力を入れる必要なく、大きい音を出す事ができます。

また、鍵盤を底まで弾いた途端に、力を抜くようにすると広がりのある音が出ます。

なかなか感覚がつかみにくいかもしれませんが、注意深く聴きながら様々な弾き方を試してみましょう。

自分の出したいフォルテの出し方が見つかるはずです。

次に、小さな音の出し方です。

人によってはこちらの方が、大きな音を弾くよりも苦手かもしれませんね。

小さい音を出す時は、基本的に鍵盤を優しくゆっくり押すようにしましょう。

しかしながら、ゆっくり押しすぎると音が出ないこともあります。




これは経験としか言いようがないのですが、とにかく何度も弾いて、どのくらいの弱さで弾けば音が出るのか、指に覚えこませましょう。

ピアノによって違いもありますが、大体の感覚は同じはずです。

ただし「小さな音」と「芯のない音」は別物である事を、よく意識しておいて下さい。

どんなに小さな音でも、観客に届かなければ意味がありません。

難しい話ですが、小さくとも芯のある音を追求しましょう。


2.音色の変え方

ピアノで曲を表現する時に「音色を変える」と言いますが、指や腕での鍵盤の押さえ方を変える事によって、ある程度実現できます。

例えば「柔らかい」音を出したい時は、鍵盤を押さえ切った時、少しだけ指を鍵盤の上の方に滑らせましょう。

鍵盤への力を、上の方に逃がすイメージです。

逆に「硬い」音を出したい時は、鍵盤を押さえきる直前に、押さえるのを止めましょう。

鍵盤への力を、直角にそのまま鍵盤に与える感じです。

しかしながら、これらはつかみにくく、どうしても感覚的な説明になりがちです。

押さえ方によって音色を変えたいのならば、自分で様々な弾き方をしてみるのが上達への近道です。

ピアノの鍵盤を押さえる速さや指の角度、押さえた後のモーションなどを変えて研究しましょう。

きっと、自分が1番求めている音が見つかるはずです。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ