指の使い方やピアノの弾き方で音色を変える方法

ピアノの表現において、音色を変える事はとても重要です。

一概にこうすれば変わると言えるものではありませんが、指の使い方などでどう音色が変えられるかをお話します。


1.そもそも音色とは

ピアノで言う「音色」とは、「おんしょく」と読む場合が多く、ざっくり言えば強弱以外の、音の「感じ」を表します。

例えば音が「柔らかい」「硬い」や「明るい」「暗い」、「伸び伸びとしている」「重く落ち込んでいる」などです。

正直かなり抽象的で、感覚的な部分もあります。

しかしながら、それらを意識する事は、曲を表現する上でとても大切です。

むしろ、言葉では表現しきれないピアノの感覚を、無理矢理言葉に収めたといってもいいかもしれませんね。

あまり深く考えず、音の雰囲気だとでも捕らえておいても良いでしょう。


2.音色を変える方法


1.音の押さえ方

ピアノは弦を叩くことによって音を出しているのですが、その叩き方によって、その音の感じは変わります。

それは決して、強弱の事を言っているわけではありません。

「柔らかいフォルテ」に対して「柔らかいピアノ」もありますし、「暗いフォルテ」に対して「暗いピアノ」もあります。

例えばピアノで柔らかい音色を出したいと思ったら、音を弾いた直後に少し指を上の方に滑らすと、きつい音にならず柔らかくなります。




また、鍵盤を押し切ってすぐに力を抜けば比較的軽めの音になりますし、逆に押し切れば重く聴こえます。

ピアノは打鍵の速さや指の角度、力の抜き方で沢山の音色が出せます。

様々な弾き方を試して、自分の出したい音を研究してみると上達できるでしょう。

またこの時、できるのならばグランドピアノを使うのが良いです。

無理ならばアップライトピアノでも良いですが、やはりグランドピアノには劣ります。

電子ピアノやキーボードでは、ほぼ不可能と言えます。

より深い表現を求めるならば、せめてアップライトピアノでの練習が望まれますね。


2.体全体の使い方

ピアニストなどが、大きく身体や腕を動かしながら弾いているのを見た事はないでしょうか。

あれは別にかっこよく弾くためにやっているわけではなく、自分の出したい音を表現するためにやっているのです。

例えば小さな柔らかい音を弾く時に、鍵盤の上に覆いかぶさり優しく音をはじいたり、伸び伸びとしたフォルテを弾きたい時に、胸を広げ、全身を共鳴させて弾いたりします。

このように、身体をうまく利用して弾く事も、音色を変えるための方法の1つです。

体の動きが、そのまま音に現れる事もあります。

自分の感情を音に乗せやすくもなりますし、恥ずかしがらずに体全体を使って曲を表現してみましょう。

きっと、表現の仕方が上達すると思いますよ。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ