トリルとは? | ピアノ楽譜の読み方

ピアノの楽譜を見ていて不思議な記号って沢山ありますよね。

その中で今回はトリルと言われる記号について書いていきたいと思います


1.ピアノ楽譜の読み方でトリルって何?

トリルは元になる音符とその元の音符の2度上の音の間を細かく交互に弾く装飾音のことです。

トリルは、記号で「tr.」と書きますが「tr」のあとに波線を書いてあることもあります。

例えばドの音の上に「tr.」や「tr波線」が書かれている場合、ドレドレドレドレドレドレ・・・・ドと弾きます。




ここで注意したいのは、トリルは必ず最後には元の音に帰ってくるということです。

つまり上記の場合だと、ドレドレドレドレドレドレ・・・・ドというように必ずドの音に帰ってくることが大事なのです。


2.ピアノ楽譜の読み方とトリルをうまく弾くコツ

ピアノをやっているとトリルが上手く弾けないというお話をよく聞きます。

隣同士の音を弾くだけなのですが、意外に難しいのです。

そこでトリルをうまく弾くコツを書いていきたいと思います。

1.トリルの指使い

トリルの練習って、続けているとキーーってなりますよね。

指使いはどのようにしていますか?

基本は楽譜通りに指は守ってほしいのですが、弾きやすい指があるのもまた事実です。

音や前後の内容にもよるのですが、指番号「1、2」の組み合わせ、「1、3」の組み合わせ、「2、3」の組み合わせが弾きやすいのではないでしょうか。

ただ使いやすいからと言ってこの指ばかり使っていたのでは前後の曲の繋がりが悪くなるので、なるべく楽譜通りの指使いをすることをオススメします。

1つ言えるのは使いやすい指でトリルのコツをつかんでしまえば、ほかの指でも弾きやすい気がします。


2.トリルの練習方法

トリルの練習で気を付けてほしいことは、とにかく肩や腕の力を抜くこと。

指先だけに集中しましょう。

そして指を上げすぎないでなるべく鍵盤を沈めた状態で弾くと良いと思います。

指を上げすぎるのは無駄な動きだと思いますし、指もかなり疲れます。

少しでも指の無駄のな動きをなくし、省エネモードで動かすことを意識しましょう。

トリルと言えば早いイメージがありますが、ゆっくり練習してみたりするのも良いと思います。

私のオススメは、普通トリルは「タカタカタカタカ」と弾くと思いますが、「タッカタッカタッカタッカ・・・」とリズムを付けて練習してみる事です。

この練習をすることでトリルの音の粒がそろってきます。

トリルが上手に弾けるようになると曲の仕上がりがとても華やかになりますのでしっかりマスターしたいですよね!

是非トリルの練習、試してみてくださいね!







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ