ピアノの楽譜の読み方【ヘ音記号編】

五線は音の相対的な位置を表すものですが、これだけでは音符が何の音を表すのかわからないですよね。

そこで、絶対的な音を表すために、音部記号を使います!

音部記号には「ト音記号」「ヘ音記号」「ハ音記号」の3つがあり、今回はその音部記号の中の「ヘ音記号」について説明したいと思います。


1.ピアノの楽譜でよく見るヘ音記号ってなに?

音部記号の「へ音記号」はどんなイメージですか?

へ音記号は、その記号の中心よりちょい上の丸くなっている部分が「へ」(他の読み方でFやファ)であることを指します。

「ヘ」(他の読み方でFやファ)にもいろいろな高さがありますが、ピアノの中心に当たる「ハ」(他の読み方でCやド)の左に動いていくとファの音があります。

この中心より左に位置するファの音がへ音記号の真ん中よりちょい上の丸くなっている部分にあたるのです。

「低音部記号」とも言います。


2.ヘ音記号はどういうところに使われているの?

ピアノの楽譜は大譜表という二段に分かれている楽譜が多いのですが、主に下段の楽譜に使われています。

ピアノの大譜表の下段は主に左手で弾く楽譜が書かれています。

しかし左手で弾くから必ず下段に書かれているわけではありません。

弾く音程によっては上段の楽譜に書かれる場合もあります。

そこは楽譜におそらく指示が出ていると思いますので、その指示が出ていればその通りに弾くようにしましょう。

また、へ音記号を使用する楽譜は、「低音楽器」と呼ばれる楽器が使います。




ところが、バスクラリネットやバリトンサックスは低音楽器ですがト音記号で、かつ、移調記譜しています。

こういう例外もあるということですね。


3. ピアノの楽譜の読み方は分かったけどヘ音記号を書くのを上達したい!

ヘ音記号はト音記号に比べて書くのは簡単だと思います。

しかし楽譜や記号をうまく書きたい方にオススメのピアノのワークブックをご紹介します。

【ピアノひけるよジュニア ワークブック】
ピアノひけるよジュニアという教本に合わせた、ワークブックです。

ヘ音記号は勿論、音符の書き方や、五線の使い方がしっかりわかるようになります。

五線紙を使って延々とト音記号の練習をするのも良いのですが、退屈な練習はなるべく避けたいですよね。

最近の教本にはそれに合ったワークブックが発売されています。

音符やト音記号、そのほかピアノを弾くために役に立つことが楽しく学べるように作られているので是非こういった楽しい教材も検討してみてください。


3. ピアノのヘ音記号の楽譜を読むのが苦手!なんとか上達したい!

ヘ音記号の楽譜を読むのが苦手な方結構います!

譜読みの数が増えればいちいち五線を数えなくても読めるようになります。

ヘ音記号の中心よりちょい上にあたる場所がヘ音=ファ ということを意識して読めるように頑張りましょう!

いろいろヘ音記号について書いてみましたがいかがでしたか?

へ音記号の楽譜を読むのが苦手な方は多いです。

とにかく数をこなしてト音記号と同じように読めるようになれると良いですね!

数をこなすことで譜読みもだんだん楽になりますよ。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ