タイとは? | ピアノ楽譜の読み方

ピアノの楽譜を眺めているとわからない記号だらけで嫌になってくるという方も多いです。

その中でもタイは、ピアノ初心者が混乱しやすい記号でもあります。

ここではわかりやすくタイについて説明したいと思います。


1.ピアノ楽譜の読み方 タイとは何?

まずタイとはどんな記号何でしょうか?

まずお手持ちの楽譜、なんでもよいので見てみましょう。

同じ音の音符と同じ音の音符同士が曲線でつながっているものはないでしょうか?

その曲線がタイです。




それではどのように使うかといいますと、二つの音をつなげて弾くのです。

例えば、二分音符のドと四分音符のドがタイで繋がっていたとします。

その場合、二分音符 プラス 四分音符で3拍伸ばすことになります。

あとタイで注意したいのは、音符に臨時記号が付いていて、小節線をまたいでいる場合です。

二分音符の♯ドと四分音符のドが小節線をまたいでタイで繋がっていたとします。
タイというのは同じ音同士を繋げるはずなのに、小節線の後のドには♯ついていないですよね。

普通は小節線を超える臨時記号は有効ではないですが、タイで繋がっている場合に限り、臨時記号はそのまま有効になります。

良く出てくるので注意が必要ですね。


2. ピアノ楽譜の読み方 タイとスラーには注意が必要!

ピアノを学習していると、良くわからないと言われるのが、タイとスラーの違いです。

ホント、見た目は同じなんですが、弾き方が違うんです。

タイの場合は同じ音と同じ音をつないで音を伸ばしたままにします。

ところがスラーの場合は楽譜を見ていただいたらわかるのですが、音と音を繋いではいるのですが、その間にいくつもの音符が入っています。

スラーは文章でいうと「、」のような意味合いを持っていると思います。

だから一区切りを感じながら弾くといった説明があっているのではないでしょうか。


3. ピアノ楽譜の読み方 タイについてのまとめ

1.同じ音同士を曲線でつないでいるのがタイです。

2.四分音符と四分音符をタイでつないだものは二分音符であらわすことが出来ます。

3.違う音同士を曲線でつないでいるものはタイではありません、それはスラーです。

タイで押さえてほしいところはこの三つだと思います。

音楽で使う記号は、例外はとても多いのですが、タイもやはり例外はあります。

しかしまずは基本のタイの使い方を覚えてみましょう。

基本を覚えれば、例外が出てきたときもしっかり対応できると思いますよ!

楽譜を読むときに覚えた記号を意識して譜読みするようにすれば自然に覚えることが出来ますので頑張ってみましょう!







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ