ピアノの楽譜の調の読み方

ピアノが上達してきて、黒鍵も弾くようになってくると、調も理解しなければなりません。

そこで今回は「ピアノの楽譜の調の読み方」を説明しようと思います。


1.調号

まず始めに、調号という言葉はご存じですか?

調号とは、楽譜のト音記号、ヘ音記号の右に書いてある、シャープ、フラットのことで、調号がついていれば、この曲はずっと書いてあるシャープやフラットを付けなければいけない、という意味です、

こちらは曲の途中で変わることもあるので、毎段同じとは限りませんが、調号のないハ長調かイ短調でない限り、毎段書いてあります。

「調号をよく見て」と言われたとすると、楽譜に書いてある「シャープフラットをよく見て」という意味になります。


2.シャープ

次に、シャープが付いている調の読み方について説明します。

シャープは1個から最大7個まで付きますが、1個の場合はファにシャープが付き、ト長調といいます。

シャープが2個付く場合は、ファとドに付き、ニ長調となります。

ここで注目していただきたいのが、シャープが付く音です。

1個の時はファ、2個の時はファとドというように、ファには必ず付いていて、そこからドが増えました。

3個になるとファとドとソになります。

増える順番ですが、ドレミファソラシドの音の、ファ→ド→ソ→レ→ラ→ミ→シという順に増えるのですが、これには規則があります。

ファから始まり次のシャープはファソラシドと5番目の音です。

右手の親指をピアノの鍵盤に見立てて置いてみると、小指の音が5番目の音になりますので、わかりやすいですよ。




そして調の読み方ですが、シャープ1個の時はト長調で、トというのはソのことです。

ここで出てくるのは、ハニホヘトイロハという、ドレミファソラシドの日本名です。

そのハニホヘトイロハを、トから始めて先ほどと同じように、次は5番目の音の日本名に、長調を付ければ、ト長調→ニ長調→イ長調→ホ長調→ロ長調→嬰ヘ長調→嬰ハ長調となります。

最後の2つに付いている嬰は「エイ」と読みますが、嬰へはシャープのファのことです。

こちらは長調(明るい曲)ですが、短調(暗い曲)の場合も同じで、シャープが1つも付かないラから始まるイ短調から始まり、ホ短調→ロ短調→嬰へ短調→嬰ハ短調→嬰ト短調→嬰ニ短調→嬰ロ短調という順です。


3.フラット

次にフラットが付いている調の読み方ですが、こちらは1個付くとシのフラット、2個でシとミのフラットというように、4番目の音のフラットが増えていきます。

そして調名ですが、長調の場合こちらもヘ長調→ロ長調→変ホ長調→変イ長調→変ニ長調→変ト長調→変ハ長調と、フラットが増えるごとに4番目の日本名の音を最初に付けます。

変とは、フラットのことです。

短調の場合も4番目というのは変わりません。

ニ短調→ト短調→ハ短調→ヘ短調→変ロ短調→変ホ短調→変イ短調となります。


4.まとめ

調の読み方は、シャープはト長調から始まり5番目の音、フラットはヘ長調から始まり4番目の音を見つけていけるので、規則的でわかりやすいですよ。

これらを理解して、ピアノの上達に役立ててくださいね。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ