ピアノの楽譜の読み方【リズム編】

音楽は音程にリズムがついて一つのメロディーになります。

そのリズムをもっと細かく見ると、音符や休符がありその音符や休符の種類は沢山あります。

まずは音符や休符の種類を覚えて楽譜に書かれてある通りに弾けるようにしましょう。

一度覚えてしまえば忘れることもありませんよ!


1. ピアノ楽譜を見てリズム打ちを上達する為の音符と休符の読み方

音符や休符には種類が沢山あります。

ここでは音符や休符について書いていきたいと思います。


1.音符の種類

よく使われる音符の種類をご紹介します。

全音符
4拍分伸ばす音符です。

付点2分音符
3拍分伸ばす音符です。付点の意味は2分音符の半分に当たりますので2拍+付点分の1拍で3拍伸ばすということです。

2分音符
2泊伸ばす音符です。

付点4分音符
1拍半伸ばす音符です。付点の意味は4分音符の半分に当たりますので1拍+付点分の半拍(8分音符)で1拍半伸ばすということになります。

4分音符
一拍伸ばす音符です。

8分音符
半拍伸ばす音符です。

16分音符
1/4拍伸ばす音符です。

連符
1拍又は2泊を等分にした音符を連符といいます。例:3連符、5連符など


2.休符の種類

よく使われる休符をご紹介します。

全休符
4拍分お休みできる休符のことです。

二分休符
2拍分お休みできる休符のことです。




4分休符
1拍分お休みできる休符のことです。

8分休符
半拍分お休みできる休符のことです。

16分休符
1/4拍分お休みできる休符のことです。


2. ピアノ楽譜の読み方、上達するリズム打ち

音符や休符の種類や意味を覚えたら手で叩いてリズム打ちをしてみましょう。

例えば、J.Sバッハのメヌエットト長調、有名な曲です。

「レーソラシド レーソ、ソ、ミードレミ#ファ ソーソ、ソ、」

このメロディーをリズム打ちしてみると
「タン、タタタタ タンタンタン タン、タタタタ タンタンタン」です。

※「タン」=四分音符、「タ」=八分音符を表します。

リズム打ちは曲の数をこなせば自然に出来るようになります。

やっているうちに苦手なリズムもわかってくると思います。

その場合はそのリズムだけ取り出してしっかり練習してみましょう。

それでもやっぱり苦手と思われる方はリズムやソルフェージュの本を活用してみると良いでしょう。

リズムやソルフェージュの本は、何パターンもリズムがのっています。

ソルフェージュの本は楽しいものが多く、ソルフェージュやリズム打ちが大好きなお子さんも大変多いです。

オススメの本を紹介しますね。

【4歳のリズムとソルフェージュ】呉 暁著

沢山パターンがのっているリズムとソルフェージュの本です。

解説もわかりやすいのでオススメです。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ