ピアニッシモでうまくピアノが弾けない!上達する練習法

ピアニッシモとは「ごく弱く」という意味です。

音の音量を弱くするのですが、みなさんどのように指を使って弾いていますか?

ピアニッシモで弾くといってもかすれて聞こえないような音ではいけません。

音は小さく、でも美しくはっきり聞こえる音を出すにはどうすればよいのでしょうか。


1.ピアニッシモでピアノを上達するにはどんな練習がいいのか

ピアニッシモで音を弾くためにはどのように弾けばよいのでしょうか。

鍵盤を底まで落とさず弾く?それとも体を小さくして弾く?手を柔らかくすればピアニッシモで弾ける?

そんなピアニッシモな音を出すためにどうすればいいのか一緒に考えてみましょう。


1.ピアニッシモはどのように音をだせばいいの?

よく勘違いされるのはピアニッシモは鍵盤を底まで落とさず上辺だけで弾くと小さな音が出るということです。

実はコレ、まちがいです。

ピアニッシモでもしっかり鍵盤の底まで落として弾きます。

鍵盤の上辺だけで弾くと、音が鳴るときと鳴らないときがありませんか?

これだとたとえ小さな音が出たとしても、不安定ですよね。


2.ピアノの音が出るしくみ

ピアノの音が出るしくみは、鍵盤を押して音が鳴るのではなく、鍵盤を押すとハンマーが弦を打って初めて音が鳴ります。




つまり、ピアノの鍵盤の上辺だけで弾いていると、ハンマーが弦を打っていないことになりますね。

だから音が鳴る時と鳴らないときがあるのです。


3.ピアニッシモの音をピアノで出すには

音の大きさは鍵盤の奥にあるハンマーが弦を打つスピードで決まります。

ピアニッシモの音を出すには、ハンマーが弦を打つスピードはゆっくりにすればピアニッシモの音は出るということです。

ハンマーが弦を打つスピードで音量が決まるということは、強く弾けばもちろんハンマーが弦を打つスピードが早くなるので大きな音がでますし、その逆は、弱く弾けば、ハンマーが弦を打つスピードがゆっくりになるので小さい音がでるのです。

ピアノの奥のハンマーが弦を打って音が出ていることを理解したうえでピアニッシモの音を出す練習に取り組んでみてくださいね。


2.ピアニッシモの音を自由に出せることを目指して練習しましょう

ピアニッシモの音の出し方について書いてみましたがいかがでしたでしょうか。

今回はピアノのアクション部分を少し触れましたが、この部分を知っているのと知っていないのとではかなりの違いがあると思います。

ピアノは鍵盤楽器ですが、ピアノアクションをみると、打楽器だと思います。

この音の出る仕組みをしって、是非今後の練習に役立ててくださいね。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ