ピアノ初心者の楽譜の選び方

ピアノを始めようと思うけれど、どのような楽譜を用意すればよいのか分からない、という方も多いのではないでしょうか。

今回は、ピアノ初心者の為の楽譜の選び方をいくつか紹介します。


1.練習曲を選びましょう

ピアノを弾く際に、ただ自分が好き曲を弾いていては、いつまで経ってもピアノの正しいテクニックはつきません。

そこで大切なのは「練習曲」です。

これはその名の通り、ピアノのテクニックを上達させるための曲です。

ピアノを弾くのに必要な技術を、効率よく身につけることができます。

初心者むけの王道の練習曲としては「バイエル」があります。

ピアノを弾くのに必要な感覚や技術を、順序良く教えてくれます。

最近では、様々な練習曲が出版されています。

あまり大衆にとらわれることなく、自分に合ったものを選んでみましょう。

正直有名な曲はあまりなく、時に退屈に感じるかもしれませんが、より難しい曲を弾くために必要な練習です。

普通の曲とセットにして、地道に進めていきましょう。


2.自分の好きな曲を選びましょう

練習曲が大切といっても、練習曲だけでは飽きてしまいますよね。

練習曲と一緒に、自分の好きな曲も弾いていきましょう。

練習曲が主にピアノの技術を培うのに対して、普通の曲は表現力を磨きます。

どんな曲でも良いのですが、自分のレベルに合った、感じの違う曲を選んでいくと、表現の幅やテクニックが広がるでしょう。




好みの作曲者が見つかるのは良い事ですが、そればかりを弾くのは避けましょう。

ピアノは作曲者によって、曲の雰囲気や和音のつくりが違ってきます。

同じ作曲家ばかり弾いていると、上達する技術や表現力が偏ってしまいます。

ピアノを弾く時は、「テクニックを培う練習曲」と「表現力を磨く曲」をバランスよく用いるのが大切です。

ピアノ初心者の方は、特にテクニックの向上がおろそかになりがちなので、気をつけて楽譜を選びましょう。


3.良い楽譜と悪い楽譜

実はピアノの楽譜は、同じ曲でも出版社や曲集によって、音や指番号が少しずつ変わってきます。

これは、その本を編集する人によって変化するからです。

音自体が変わることはほとんどありませんが、シャープやフラットが変わったり、スタッカートのつけ方、強弱のつけ方が変わったりなどは良くあります。

特に変わる事が多いのは、指番号とペダルです。

これらは本によって異なり、編集者の好みで変わる場合も多いので、必ずしも楽譜に忠実に弾く必要はありません。

あまりにも自分の弾き方に合わないと思ったら、楽譜を変えても良いですし、自分で考えても良いでしょう。

また、時には誤植の場合もあります。

ピアノ初心者ですと、楽譜の誤植に気づくのは難しいかもしれません。

出版社などによって、誤植が多いところや少ないところもあるので、よく調べてから買うと安心ですね。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ