ピアノのヘ音記号の楽譜の読み方

ピアノを習うと必ず、ト音記号、そして、ヘ音記号が出てきます。

ヘ音記号って「ピアノの楽譜の左手で弾く方を表すマーク」と思っていませんか。

そのように思っている人もいるかもしれませんが、ヘ音記号は、ピアノで左手を弾く方を表すマークではありません。

今回は「ピアノのヘ音記号の楽譜の読み方です。

1.ヘ音記号について

ここでは、ヘ音記号の意味、ヘ音記号の使われる音の範囲について説明します。

1.ヘ音記号の意味

ここでは、ヘ音記号の意味を説明します。

ヘ音記号とは、音部記号の一つです

音部記号とは、「ト音記号」、「ヘ音記号」、もう一つ「ハ音記号」がありますが、ピアノの楽譜では「ト音記号」と「ヘ音記号」が使われています。

音部記号は、五線の楽譜の最初に書かれていて、その楽譜に書かれた音符と、実際の音の高さの関係を示しています。

ですから、ヘ音記号も、五線の楽譜の最初に書かれていて、中央のドの音のすぐ下の「ファ」の音を示しています。

ヘ音記号の形を見ると、記号の書き出しが、楽譜の五線の上から2本目の線を示すように、その線から書き始めていて、黒丸2つも上から2本目の線を挟むように書かれていますね。

そのヘ音記号で示された、上から2本目の線の上にある音符の音が、中央のドのすぐ下の「ファ」の音なのです。

ド レ ミ ファ ソ の言い方が、日本では昔、ハ ニ ホ ヘ ト と言われていましたので、「ファ」の音は「ヘ」の音ということになり、「ヘ」音記号と言われます。

2.ヘ音記号の読み方のコツ

ここでは、ヘ音記号を読むためのコツをお話しします。




ヘ音記号で楽譜を読むのは、ト音記号に比べて読み慣れていない、また、ト音記号と混乱しやすいなど、苦手とされやすいヘ音記号ですが、読みやすくするためにいくつかのコツがあります。

まず、ピアノの鍵盤で中央の「ド」を、ヘ音記号の楽譜で覚えます。

中央の「ド」をヘ音記号が書かれた五線の楽譜で表すと、五線の楽譜の5本の線の上に、短く書かれる加線の加線上に書かれた音符です。

言葉で説明するとわかりにくいですが、ト音記号で最初に覚える「ド」の音は、ト音記号で楽譜の五線の1本目(一番下)の線より下に加線をつけて書かれていますが、ヘ音記号では、その音は、楽譜の五線の5本目(一番上)の線より上に、加線をつけて書かれます。

その次に、自分の読みやすい、「ポイントになる音」を、ヘ音記号でおぼえます。

私は子供のころ、ヘ音記号で五線の上からも下からも3本目の、真ん中の線の上の音符を、中央のドから下がっていった「レ」の音だと、ポイントの音として覚えました。

私は「レ」の音でしたが、自分で覚えやすい音、例えば下から2本目の線と、3本目の線に挟まれた音を、中央の「ド」より、オクターブ下の「ド」と覚えてもわかりやすいです。

その次に「第2ポイントになる音」をヘ音記号で覚えます。

これも、自分の好きな音でよいのですが、私は、ヘ音記号は低くなるほど読みにくかったので、五線の1本目(一番下)の線に書かれている音符が中央の「ド」より下の「ソ」より、1オクターブ下の「ソ」(私は「下の下のソ」と言っていました)と覚えました。

このように、ポイントになる音を、2、3音決めて、その音を元にして、ヘ音記号を読んでいくと、読みやすくなっていきます。

この方法は、ヘ音記号を、少しでも読みやすくするコツではありますが、ピアノが上達する為には、やっぱり練習を何度も繰り返すことであるように、ヘ音記号をスラスラ読みたいと思ったら、ヘ音記号を何回も読むことです。

ヘ音記号をスラスラ読むことを上達させるために、ヘ音記号の音符カードを作って、ピアノの練習の最後にでも、そのカードをめくって、ヘ音記号で書かれた音符が、ピアノの鍵盤でどの音か弾いてみるとか、ヘ音記号の楽譜でパッと目についた音で、ヘ音記号の読み方を練習するなど、いろいろと工夫してみましょう。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ