分散和音を上達する為のピアノ練習とは

分散和音は「アルペジオ」または、「アルペジョ」とも言います。

分散和音は曲をとても華やかな感じにしてくれます。
簡単な分散和音の場合は良いのですが、曲が難しくなれば、音も外しやすくなり、速さと正確さを求められます。

そんな分散和音の練習についてご紹介したいと思います。


1.ピアノ練習でよく聞く分散和音って何?

分散和音(ぶんさんわおん)とは、「アルペジオ」または、「アルペジョ」とも言います。

通常和音とは、和音を作る構成音すべてを同時に弾くのですが、その構成音を同時には弾かず分散させて弾く方法です。

例えば、和音はドミソを同時に弾くのですが、分散和音はドミソ(高い音の)ドと左から右へ弾いたり、ドミソ(高い音の)ドソミドと山のようにと弾いたりします。

分散和音が使われている曲はとても華やかに聞こえますが、同時に難しく感じる方も多くいるかもしれません。


2.ピアノで分散和音が上達する練習法

ここでは、ピアノで分散和音が上達する練習法をご紹介します。


1.ピアノの分散和音を弾くときは指使いを守る

初心者が良くやる間違った指使いに、4の指を使わないというのがあります。

4の指とは薬指のことです。

心当たりがある方もいらっしゃると思います。

4の指を避けて弾けば一時的に上手にピアノを弾けたように聞こえますが、その先の難しい曲を弾くことになった場合、4の指で弾くことは避けて通れません。




分散和音を弾くときは是非ピアノの楽譜の指番号どおりに指使いを守って弾きましょう。


2.全部の指を使うピアノの分散和音(アルペジオ)の練習

ピアノ曲が難しくなってくると、全部の指を使った分散和音(アルペジオ)が頻繁に出てくるようになります。

こういう場合、4の指を避けて弾いていた方は分散和音が苦手と感じるかも知れません。

全部の指を使うような分散和音は指と指の間隔が広く、分散和音を弾くことが大変に感じると思いますし手や腕がかなり疲れることもあるでしょう。

腕や肩の力を抜き自然に指が動くように弾きましょう。


3.ピアノでの分散和音(アルペジオ)の練習を効率よく上達するために

ピアノでの分散和音(アルペジオ)の練習を効率よく上達する為には弾いているピアノ曲の分散和音部分をしっかり取り出して練習する必要があります。

私が良くやっていた練習は、分散和音をあえて和音で弾きポジション確認をしっかりしてそのあと分散和音に戻すことを繰り返しやっていました。

また、ハノンやツェルニーなどの分散和音の練習をしてみるのも手ですね。

おそらくお使いの練習曲にも分散和音練習があるでしょうからそのピアノ練習曲をつかってみるのも良いですね。

是非分散和音をしっかりマスターして、華やかにピアノ曲を仕上げましょう!







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ