ピアノ初級の練習曲

初級のピアノのテキストは昔に比べてたくさんあります。

そこでピアノの初級の練習曲をいくつか紹介していきたいと思います。

1.練習曲の種類

一般的に初級のピアノのテキストは、メソッド的要素が含まれているものとテクニックのテキストがあります。

昔は初級の練習曲といえばバイエルが主流だったと思いますが今はバイエルに代わるテキストがたくさん出版されています。

それぞれのテキストは年齢によって向き不向きがありますので、その子にあったテキストを選びピアノを上達させて欲しいと思います。

2.ピアノの初級レベルの練習曲

ではお勧めの初級レベルの練習曲をお伝えしたいと思います。

1.テクニックのテキスト

初級のテクニックのテキストでお勧めなのがバーナムピアノテクニックです。

バーナムは、ミニブック、導入書、1巻〜4巻まであります。

初心者はミニブックから始めます。

バーナムは1曲が4小節や8小節しかないので初心者でも弾きやすくなっています。

それぞれの曲に題名と簡単なイラストがついていて、それをイメージしながら弾けるのでテクニックのテキストでありながら楽しく練習できます。

和音、重音、3連音符、ペダルを使ったり、音域が広かったりと他の初級のテキストではあまり出てこないことも早い時期から経験できます。

バーナムを進めていく中で、ハノンと併用することもあります。




2.メソッド的要素が含まれるテキスト

このようなテキストはレッスンでメインに使われるテキストです。

昔はバイエルがメインに使われてたのですが、今はバイエルが使われることが少なくなってきています。

ではバイエルの代わりのテキストを紹介します。

まずは小学生にお勧めするのがオルガンピアノの本です。

このテキストもバイエル同様、昔からあるテキストで1巻〜4巻まであります。

このテキストはト音記号もヘ音記号も真ん中のドから始まり、そこから順に音が増えていくので
音符が覚えやすいです。

次に幼児さんにお勧めなのがぴあのどりーむです。

このテキストは1巻から6巻までありますがそれとは別に幼児版も出版されています。

ぴあのどりーむはイラストがとても綺麗で子供に親しみやすいです。

曲にあったイラストが載っているので、イメージしながら曲の練習ができます。

オルガンピアノの本もぴあのどりーむもテキストとは別にワークブックも出版されているので併用して使うと、音楽の基礎が身につきます。

バイエルの上下巻、オルガンピアノの本、ぴあのどりーむ、それぞれ終了したら次はブルグミュラー25番に進みます。

このように初級の練習曲はたくさん種類がありますので、年齢に応じたテキストを選ぶようにしてください。

初級の段階でつまづいてしまってはピアノは上達しませんので、練習が楽しくなるようなテキストを選びピアノの練習に励んでください。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ