ソナチネが上達する練習方法 | ピアノの上達法

ソナチネって聞いたことありますか。

曲の名前なんじゃないの?と思っている方も多いかもしれません。

実はソナチネとは名前ではなく、ジャンル名のようなものなのです。

それではピアノ練習でソナチネが上達する練習方法をご紹介したいと思います。


1.ピアノ練習のソナチネとは何のこと?

ソナチネは、クラシックのジャンルや形式のことです。

バロック音楽では、短い器楽曲のことを指します。

古典派以降は、分かり易く演奏し易い短いソナタのことを言うようになったそうです。

初心者が良く弾く有名なピアノ曲のソナチネは、モーツァルト、ベートーヴェン、クレメンティ、クーラウという作曲家のソナチネが多いです。


2.初心者ピアノ練習でオススメ!のソナチネを弾いてみよう/h3>
ソナチネは、バイエル、ブルグミュラーと練習を進めてきた方が取り組んでいく曲です。

初心者がチャレンジできるものから難しいものまで沢山曲があります。

似たような名前で「ソナタ」がありますが、これは、普通3~4楽章までありますがソナチネは2楽章編成、曲自体も短めで、初心者向けといえます。

それでは、初心者にオススメの作曲家のソナチネをご紹介したいと思います。


1.ベートーベン作曲ソナチネ5番ト長調

まずベートーベンの紹介をしたいと思います。

ベートーベンといえば年末の第九が有名ですね。

そんなベートベンは1770年12月17日ボン生まれ、1927年3月26日にウイーンで死没しています。

ベートーベンのピアノソナタの難易度はさまざまですが、ピアノ上級者でも難しい曲もあります。

ピアノソナタだと、悲愴、月光、熱情、告別、ワルトシュタインなど有名ですね。

そんなピアノソナタを作ったベートーベン、実は、ソナチネも作っています。

ピアノ学習者にはなじみのある曲です。

ベートーベン作曲ソナチネ5番ト長調はピアノ初心者でも弾きやすいソナチネです。

二楽章編成ですが、この曲に関して資料が少なく、ベートーベンの作品ではないとする研究者もいるようですね。

1楽章はA-B-A-Cという分け方で練習するとよいでしょう。

Aは最初から8小節目、17小節目~24小節目でメインのテーマになるところです。

Bは9小節目~16小節目、25小節目~最後はエンディングにあたるところです。




是非このように分けて弾いてみることをオススメします。


2. クレメンティ作曲ソナチネ7番OP.36-1第一楽章

クレメンティーは、(1752 – 1832)は、ローマの銀細工師の息子として生まれたそうです。

オルガニストとして9歳の時にはすでに活躍し、14歳のときイギリスに渡り、ロンドンでチェンバロなどの鍵盤楽器奏者、作曲家としてデビューしているそうです。

クレメンティは、作曲のみならず、楽譜の出版、ピアノの製造など幅広い音楽ビジネスの世界で成功を収めたそうです。

音楽家には珍しくビジネスセンスもあったのですね!

たくさんのピアノ曲の中で有名な作品が、「ドーミドソ、ソ、ドーミドソ、ソ、ファミレドシドシドレドシラソ」という曲で、「ソナチネ」です。

ソナチネ・アルバムには、1798年に出版された作品36の6曲のソナチネが収められています。

その中で第1番は、ピアノを学習される人なら誰でも一度は練習すされる曲かもしれません。

今回紹介するOP.36-1の一楽章は、大きく、最初~15小節目、24小節目~最後までのAの部分、16小節目~23小節目のBの部分の二つに分けられます。

Aの部分はメインテーマがはじめと最後に出てくるので、はじめから通しで練習すると、明らかにBの部分が練習不足になります。

必ずAとBの部分に分けて、弾きやすいからとAばかり弾かずしっかりBの部分も練習するようにしましょう。

また、フォルテーピアノーフォルテと交互に出てきますがこれが初心者には難しいかもしれません。

フォルテというのは鍵盤をたたきつければ大きい音が出るわけではありません。

どちらかというとピアノの鍵盤に当てるスピードが音の強さに関係しているといった方がわかりやすいかもしれません。

是非音の強さの違いをいろいろ弾き分けてみてくださいね。


3.いろいろなソナチネを練習して上達したい!

初心者向けのソナチネの紹介、練習方法などいかがでしたでしょうか?

初心者のピアノ練習で陥りがちなのは、最初から通して弾いて、各パッセージの仕上がりにムラが出来てしまって一つの曲に仕上がらないということです。

出来るだけ丁寧に取り組んでいきましょう。

ソナチネが上手く仕上がるようになって来たらソナタなども目の前かもしれませんね。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ