ピアノの音階の効果的な練習法

ピアノである程度の曲を弾けるようになると必ず出て来るものに、音階がありますが、すぐに上達する練習法はないのでしょうか?

今回は音階の効果的な練習法をお教えしたいと思います。


1.片手ずつよく確認する

まずはいきなり両手で弾けるものではありません。

ピアノは両手で違う動きをしなければならない楽器です。

ピアノの練習において、片手ずつの練習法は切っても離せません。

右手、左手の順に、まずはそれぞれを問題なく弾けるようになるまで練習しましょう。

その上で特に注意していただきたいことがあります。


1.指くぐりを上手くできるようにする

音階のドレミファソラシドは音が8個、それに対して指は片手に5本。

指をくぐらせなければ足りませんよね。

指くぐりを制するものは音階を制すると言っても過言ではありません。

親指をくぐらせるときは他の指の下を、3や4の指をくぐらせるときは他の指の上を通ってくぐるのですが、あくまで指だけをくぐらせるようにしてみてください。

腕や、特に肘が一緒に動きすぎてしまうと、うまくいきません。

指以外のことにもよく注意しながら練習できるのも、片手ずつの練習法の良いところですね。


2.両手で逆の方向へ進む

片手ずつで問題がなくなってきたら、次に両手に取りかかりたいところですが、いきなり両手は難しいです。




なぜなら、先ほど書いた指くぐりをする場所が、両手で違うからです。

まずは、両手を一緒に動かすことに慣れるために、両手で逆の方向へ進む練習法をおすすめします。

逆の方向へというのは、例えば両手の親指をドに置き、そこから右手はドレミファソラシドと高い方へ、左手はドシラソファミレドと低い方へ進んでいきます。

そうすると、指使いは12312345というように両手一緒になるため、とても分かりやすいです。

まずはここから慣れていってみてください。

ここまできたら、あと一歩です。


3.両手で同じ方向に進む

それにも慣れてきたら最後にやる練習法は、いよいよ両手で同じ方向に進むことです。

ドから始めて、ドレミファソラシドと高い方へ向かっていきます。

両手で違う指使いに最初は慣れないかもしれませんが、くぐる場所さえ間違えなければ成功です。

慣れるまでは楽譜に全部指使いを書いていても良いので、正しく練習していきましょう。

音階の練習法の最大のポイントは、慣れです。

慣れるまで、何度も何度も繰り返し練習してみてください。

いつかきっと何の問題もなく弾ける日が来るでしょう。

ドから弾けるようになったら、ぜひソから始めてファのシャープをつける音階や、ファから始めてシのフラットをつける音階など、全部で24種類ありますので、先が長いですが、どんどん上達を目指して挑戦してみてくださいね。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ