ピアノのスケールが上達する練習法

ピアノのスケールは、一見難しそうですが、コツが分かれば上達しやすいものです。

スケールを上達させたい方は、この「ピアノのスケールが上達する練習法」をぜひお読みいただきたいと思います。


1.指使いを確認する

ピアノのスケールを上達させる上で、指使いを正しく弾くことは、欠かせないことです。

たった一箇所間違えるだけで、指が足りなくなり、最後まで弾けなくなってしまうからです。

スケールと言っても24調ありますが、今回は一番分かりやすいハ長調を例に説明していきます。

ハ長調の指使いは、右手の上行型は12312345、下行型は54321321です。

左手の上行型は54321321、下行型は12312345となります。

他にもト長調やニ長調なども全く同じ指使いになります。

ヘ長調の右手は12341234となりますが左手は同じなど、この指使いで弾ける調は一番たくさんあります。

全く異なるのは、変ロ長調、嬰ハ短調などの最初の音が黒鍵から始まる調ですが、これらの場合、最初の音の指使いに特に注意してください。

2や3から始まるのですが、なぜ1や5でないかと言うと、ピアノでは基本的に、黒鍵を親指や小指で弾くことは少ないからです。

すべてハノンなどの教本に載っていますので、確認しながら練習してみてください。





2.まずは片手ずつ弾く

ピアノのスケールを両手で弾くというゴールに向けて、次にしたい練習法は、片手ずつを完璧に弾けるようにすることです。

これはスケールに限らず、両手で違う動きをするピアノの基本的な練習法でもありますよね。

スケールは特に、両手の指使いが必ず異なりますので、片手ずつを間違えずに弾けるようにすることが第一であり、最初の難関です。


3.指くぐりを綺麗にする

指使い、片手ずつの次にやりたい練習法が、指くぐりを綺麗にすることです。

これは特に、コツを一度身につけられれば、他の調やスケール以外の指くぐりにも役に立ちますので、丁寧に練習してみてください。

まずは右手の上行型や左手の下行型で出てくる、親指のくぐらせ方ですが、親指を小指側によく曲げるようにしてくぐらせてください。

腕全体で曲げるのではなく、できる限り親指だけを曲げることがポイントです。

次に、右手の下行型や左手の上行型で出てくる、3や4の指のくぐらせ方ですが、ポイントは早めにくぐる準備に取りかかることです。

くぐる前の音を弾いているときにはもう、くぐる角度に入っていると、スムーズに弾けます。

共通して気をつけたいのは、くぐったときの音がドカンと大きくならないように、動きは最小限にして、手首の高さを変えずにくぐることです。

これらのことを練習すれば、スケールの上達は間近です。

頑張ってくださいね。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ