ピアノの上達には限界はあるのでしょうか?

ピアノを練習していてうまく弾けないときなど、ふと思いませんか?

ピアノの上達には果たして限界はあるのでしょうか。

そんなピアノの上達の限界について書いてみたいと思います。


1.ピアノの上達には限界はあるの?

ピアノを練習していて、「これだけ練習しているのにちっともうまくならないな。」とか「うまく弾けていると思うのに、レッスンでなかなか次へ進めないよ」と思ったことはありませんか。

こういう時に上達の限界を感じてしまう人が多いような気がします。

ピアノでも勉強でもなんですが、小さな成功体験を沢山経験している人は「限界」と感じたときもそのまま続けているような気がします。

ピアノの限界とはダイエットでいう停滞期のようなものと私は考えています。

小さい成功体験を沢山経験している人は、限界や停滞を感じたとき、辞めてしまわず細々とでも続けて行き、そこを飛び越えて次のステージに上がっていける人なんだと思います。

ここはあまり気負わずに練習をつづけてみませんか。

続けていれば、何かパズルのピースが全部ハマったときのように急に出来るようになるかもしれません。

「好きこそ物の上手なれ」というじゃないですか。

誰でも好きでやっていることは一生懸命になりますし、好きでやっている事に関して勉強したり工夫したりするので、自然に上達しますよね。

ピアノは、無理して嫌だと思いながら弾いても成長はしないです。

一番大事なことはピアノを楽しんで弾くことだと私は思います。





2.ピアノの上達の限界を感じたときどうすればいい?

ピアノの上達の限界を感じたとき、どうしたらよいのでしょうか。

私の場合はピアノの練習は細々と続けて、ほかのことにも目を向けて気分転換すると思います。

例えば、本屋さんにいって好きな本を読んでみるとか、大好きなピアニストのリサイタルに行ってみるとか、アナタにとって気分転換になることをやってみましょう。

意外とそういった気分転換の中にヒントが隠れているかもしれませんよ。


3.ピアノの上達の限界は結局のところあるのでしょうか

ピアノの上達の限界はあるのでしょうか。

こたえはあるとおもえば限界はあるし、無いといえば限界なんて無いと思います。

結局は演奏している人の気持ち次第のような気がします。

限界を考えていたら楽しくありません。

気分がのらないときは細々とやる、沢山ピアノを弾きたいときはめいっぱい練習してみる、気負わず自由にピアノを弾いてみましょう。


4.ピアノの上達の限界について書いてみて

ピアノの上達の限界について書いてきましたがいかがでしたでしょうか。

大人になった今、思い返すと子供のころって限界だと思っていたら気が付けば飛び越えて新たなステージへ向かう、こんなことばかりだったような気がします。

ピアノを弾いていて限界かな~と感じたときはアナタだけでなく沢山の人が感じるものなんだと思って落ち込まず気負わずやっていきましょう!







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ