ピアノの上達と練習時間の関係

ピアノがもっと上達したいと思った時、いつもより練習時間が増えますね。

増やそうと思っているのではなく、自然と増えるのです。

そこでピアノの上達と練習時間はどのように関係しているのかをお伝えしたいと思います。

1.ピアノを練習する意味

ピアノを習っている人は先生から「毎日練習しましょう」と言われていると思います。

ピアノは毎日の練習の積み重ねで上達していきます。

毎日の練習をせず、レッスンに行く前に少し練習しただけではレッスンが進みません。

レッスンが進まないということはピアノも上達しません。

毎日練習することにより、昨日できなかったことが今日はできるようになった、と昨日と比べて上達したことが自分で実感できます。

昨日よりできるようになったという実感が毎日の練習の励みになるでしょう。

では毎日どれぐらいの時間を練習すればいいのでしょうか。

2.ピアノは練習時間が多いと上達する?

ピアノは練習しないと上達しません。

では練習はどれぐらいすれば今より上達するのか、練習時間によって上達の早さは変わるのかをお伝えします。

1.練習時間

今よりピアノを上達するには練習時間を増やせばいい、これは小さいお子さんや初級レベルの人には当てはまります。

小さいお子さんが30分の練習時間だったのを1時間に増やした、そうすると弾く回数が増える、音符を読む回数も長くなり音符に慣れてくる、練習する曲が増える、そういった点で上達するのは早いと思います。




しかし中級、上級者になるとそうはいきません。

中上級者の人は、初級と比べて1曲1曲が長いです。

ですので、もともと練習時間は長いはずです。

それ以上長く練習しようと思うと生活に無理が出てくると思います。

中上級者がもっと上達したいのであれば練習の時間ではなく、練習の内容が重要になります。

2.練習内容

中上級者が上達するには、練習時間ではなく練習内容が重要です。

自分の耳で、自分の音を確認することで上達します。

曲の強弱が聴いている人に伝わっているか、自分のイメージした音色や演奏ができているか、苦手なフレーズをごまかさずきちんと弾けているか、など自分で確認する練習ができていれば練習時間が短くても問題ありません。

この確認する作業を丁寧にやればやるほど、結果、練習時間は長くなるでしょう。

3.目標を持って練習する

ここまで練習時間のことをお話ししてきましたが、結論を言うと、練習時間は決めない方がいいです。

仮に1時間と決めたとします。

昨日の練習と比べてあまり進んでいないけど時間がきたから練習を終わろう、ではとても勿体無いです。

それなら、昨日ここができなかったから今日はこれをできるようにしようという目標を立てて練習する方が上達します。

練習時間にとらわれず、その日の練習目標を達成できるよう毎日の練習に励んでください。

そうすれば効率良く練習でき、上達も早くなるでしょう。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ