ピアノが上達する練習法とは?

ピアノの練習法はたくさんありますが、なかなか上達しない、と思っている方のために、今回はピアノが上達する練習法をご紹介します。


1.片手ずつ丁寧に

紹介する練習法の一つ目は、片手ずつ丁寧に弾く練習です。

ピアノの難しさといえばやはり、両手で違う音を弾き続けることです。

それを克服するには、どの曲でも、片手ずつをまず弾けるようにしなければ、両手は弾けませんよね。

面倒に思わずに、片手ずつ弾くことを習慣づければ、上達へ一歩ずつ近づいていくはずです。


2.プロの演奏を聴く

両手で弾くことにも慣れてきたら、その曲をどう弾きたいか、イメージを持つことも大切です。

二つ目に紹介する練習法は、プロの演奏を聴いて、こう弾きたいというイメージを持ってから弾くことです。

CDを聴いたり、今は何でも動画サイトに投稿されているので、それを聴くのも手軽で良いかもしれません。

プロの演奏を聴くということは、自分でピアノを弾くことではないので、「練習法」なのか?と疑問に思われるかもしれませんが、ただがむしゃらにピアノを弾く練習をするよりも、プロの演奏からイメージを膨らませてから弾くと、自分の演奏も、一回でかなり変わるはずです。




こんなに一回で上達する練習法は、他にはないかもしれません。

ぜひ試してみてください。


3.メトロノームを使う

三つ目の練習法は、メトロノームを使うことです。

メトロノームと言えば、一定の速さでカチカチ鳴ってくれるものですよね。

上手く弾けない、と思うときはだいたい、焦っていて演奏がだんだん速くなっていたり、弾けない箇所がまだまだたくさんあって、そこだけ遅くなりながら弾いていたり、テンポが一定でないことが多いと思います。

そんな時にメトロノームに合わせてまず一定のテンポで弾けるようにしてみると、落ち着いて弾けるようになりますよ。

焦って速くなるところは、しっかり拍を数えながらすべっていかないように気をつけ、まだ弾けていなくて遅くなっていたところは、メトロノームに遅れないように練習してみてください。

どんな練習をするときにもポイントになるのですが、練習は、少しずつやるようにしてみてください。

焦って大ざっぱな練習ばかりしていても、一回で完璧に上達するものではありません。

一夜漬けでできるものでもありません。

ピアノの練習は、とても時間がかかるものなのです。

焦らず、丁寧に、落ち着いて、良いイメージを膨らませて、これらの練習法を試してみてくださいね。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ