ピアノの練習量とピアノ上達との関係は?

ピアノは、かなりの練習量がないと上達しないとよく言われます。

果たしてそうなのでしょうか?

そこでピアノの練習量とピアノ上達との関係について書いていきたいと思います。


1.まったくのゼロからピアノ上達する為の練習量は?

まったくピアノをやったことない状態から簡単な楽譜を読めて弾ける状態に上達する為の練習量はトータルしたら沢山しなければならないと思います。




というのも、まったくの初心者の場合、楽譜の読み方、ピアノの鍵盤と音の位置の確認、ある程度思った通りに指が動くなどにどうしても時間がかかってしまうからです。

逆の見方をすれば、ここで沢山練習してクリアーしてしまえば、そのあとの練習は、細かいテクニックなどの練習は難しいかもしれませんが、すでに読み方や鍵盤の位置が理解しているのでそこまで大変ではないと思うのです。

ゼロの状態からある程度思った通りにピアノが弾けるようになるということは、慣れにちかいかもしれませんね。

2.ある程度ピアノが弾けるようになった状態から上達する為の練習量は?

ある程度ピアノが弾けるようになった状態から上達する為の練習量は、どちらかというと練習量より練習の質じゃないかなと思っています。

譜読みもある程度のスピードで出来るようになれば、あとは、その曲に出てくる弾きづらい箇所に絞って練習量を増やしてみたり、いろいろ工夫すれば練習量より練習の質を上げることも可能だと思います。

解りづらければ、小学校の時の勉強に置き換えてみれば良いと思います。

たとえば、算数はやはり計算が基本だと思います。

その計算が正しい答えでスピードが上がってくれば小学校や中学高校と数学でもあまり困らないと思います。

この計算にあたる部分が、ピアノでいう「ゼロからある程度弾けるようになった状態」だと思います。

では、学年があがって、算数から数学へ変わった時に問題も複雑になっていきます。

その時、どんな難しい算数や数学の問題でも途中の計算というものが存在しますよね。

その途中の計算の部分の精度が上がらなければ、結構嫌になって不得意に感じてしまいます。

その複雑な問題にあたるのが、「ピアノある程度弾けるようになった状態から上達する」という部分にあたり、途中の計算の部分は「ゼロからある程度弾けるようになった状態」まで持っていった時の練習量だと思います。

ピアノでも勉強でも基礎にあたる部分の練習は大変大事です。

是非、ピアノの基礎にあたる部分は、丁寧に時間をかけて、ある程度の練習量を確保して、効率よく上達してくださいね!







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ