ピアノのペダルの音が濁る原因とは?

ピアノのペダルを踏んで、音を伸ばそう、音を増やそうと思っているのに、音が濁ってしまうこはありませんか?

今回はその原因と対策をお話したいと思います。


1.タイミング

まずペダルで音が濁る原因として考えられるのは、タイミングの問題です。

ペダルを踏みたい音たちが、一緒に弾いても濁らない音でしたら問題ないのですが、一緒に弾くと濁ってしまう音たちの場合は、ペダルを1回でなく、踏みかえていかなければ、どんどん音が合わさっていき、濁ったままになってしまいますよね。

そこでペダルのタイミングが重要になってくるのです。

具体的にどのようなタイミングで踏めば良いかと言うと、1音だけ踏む場合も、たくさんの音のときに踏む場合も同じなのですが、音を弾いた直後に踏むと良いです。

音を弾くより早く踏むと、1音だけの場合や最初の音の場合は問題ないですが、たくさん弾いているときには、前の音と次の音がつながらなくなってしまい、それではペダルを踏む意味がなくなってしまいます。

逆に音より遅く踏むと、ペダルが音を十分に拾ってくれなくなり、他の音と混ざり合わなくなったり、音がブチッと切れて聞こえたりもします。

早すぎず、遅すぎず、音を弾いた「直後」に踏むだけで、ペダルが上達しますので試してみてください。





2.踏み加減

次に考えられる音が濁る原因は、踏み加減です。

時々、ガクンガクンとペダルを踏む音が、ピアノの音よりも気になるほど聞こえてくる方もいらっしゃいますが、そこまで強く踏む必要はありません。

ペダルの踏み加減は一種類だけではなく、ハーフペダルと言って、半分くらいだけ踏む方法もありますし、毎回一番下まで思いっきり踏む必要はありません。

軽く踏めばもやもやとした雰囲気を出せますし、大きく踏めば音が混ざって盛大になりますし、その都度、加減を考えて踏んでいけると、ピアノの表現の幅も広がりますよね。


3.ピアノの性質

ピアノの曲は他の楽器に比べて音の数が多いので、上手く使えばペダルは味方になってくれます。

また、ピアノという楽器は、音を一度鳴らすと、その音はそれ以上は絶対に大きくはならず衰退していきますし、長さに関しても、鍵盤を押さえていても、いつかは音がなくなってしまいます。

そんなピアノの性質を理解し、助けてくれるのがペダルです。

せっかく上手に弾けていても、ペダル1つで音が濁っては台無しですし、ペダルが上手だと、難しい箇所が誤魔化せたりもします。

ペダルを使うと音が濁る、と恐れないで、まずはペダルから上達させてみてはいかがですか?







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ