ピアノの右ペダルが上達する教え方

ピアノの練習において、弾くことばかりに気を取られて、なかなかペダルの練習までいきませんよね。

今回は、ペダルが苦手な方に教えられるよう、「ピアノの右ペダルが上達する教え方」をいくつかのポイントに分けて伝授したいと思います。


1.かかとをつける

いきなりピアノの音と一緒に踏むのではなく、基本的な正しいペダルの踏み方から上達させていきましょう。

まずは右足のかかとを、床につけることから始めてください。

スリッパや靴を履いていると、この感覚が鈍りやすいのですが、ペダルを踏むときは、かかとを固定して、つま先のほうを動かします。

小さい子供などはかかとを浮かせて、足全体で踏もうとしている場合もありますが、それでは動作が遅くなり、音を弾きながらペダルのタイミングを合わせるのが難しくなってしまいます。

かかとが床についているか、が一つ目の教え方のポイントです。


2.奥まで踏むこと

次に、かかとをつけたまま、つま先でペダルに触って、奥まで踏むようにしてください。

始めたばかりの子供には力が必要ですので、上の方だけでなく、しっかり一番下まで踏むようにしてください。

後にハーフペダルと言う、半分だけ踏む方法も習うかもしれませんが、まずはしっかり奥まで踏むことからマスターしていきましょう。




二つ目の教え方のポイントは、奥までしっかり踏むことです。


3.静かに踏む

奥まで踏めるようになったら、次に、静かに踏んだり止めたりしてみてください。

ペダルはガクンガクンと踏む音がしてしまうと、ピアノの音ですら小さい音ですとかき消してしまいます。

三つ目の教え方のポイントは、静かに踏むことですので、いつも心がけるようにしてください。


4.タイミングを大切に

かかとをつけてつま先を動かして、静かに奥まで踏めるようになったら、ペダルの動作は上達しましたね。

次は実際にペダルが出てくるピアノの曲で練習してみましょう。

踏みたいところで踏んで、止めたいところで止められましたか?

曲で踏むときは、ペダルの効果がしっかり出るように、タイミングに気をつけなければなりません。

少しタイミングがずれるだけで、遅れれば音が濁り、早ければペダルに音が入らなくなってしまい、踏む意味がなくなってしまうからです。

ちょうど良いタイミングは、ペダルを踏む音を弾いた直後です。

踏みかえの際も同じですので、試してみてください。

四つ目の教え方のポイントは、踏むタイミングです。

これらの四つのポイントを重視しながら、教えてみてください。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ