ピアノでペダル記号が書いていない時のペダルの入れ方

音がつなげるペダルは、様々な曲で使用します。

しかし、ピアノの楽譜に書いていない時でも、ペダルを入れたいと感じる時もあるのではないでしょうか。

今回は、そんな時にどうすれば良いのかをお話しします。


1.ペダル記号について

まず、最初にお話ししておかなければならないことは、ペダル記号の有無は、楽譜によってかなり異なるという事です。

実は同じ曲でも、ペダルの入れ方には様々な種類があります。

ですから、演奏家によって、同じピアノ曲が全く違う風に感じられる事も少なくありません。

そういう意味で、ピアノ楽譜のペダル記号を必ずしも守る必要はありませんし、逆に、ペダル記号が書いていないところにペダルを入れてはいけないわけでもないでしょう。

初めは楽譜の指示に従っても良いかもしれませんが、何だか弾きにくい、自分のイメージと違うと感じたら、変更しても構いません。

次からは、変更する時のヒントをお教えします。


2.ペダル記号が書いてない時のペダルの入れ方


1.タイ

タイでメロディをつなげるように書いてあるけれど、どう弾いてもつなげる事ができない場合は、ピアノ楽譜に指示が書いていない時でも、ペダルを入れてみましょう。

滑らかなメロディが、ぶつぶつと切れてしまっては台無しです。




どうしてもつなげて弾けない場合は、ペダルに手助けしてもらいましょう。


2.フォルテの和音

フォルテの和音で響かせたいけれど、いまいち迫力が足りないという事があるのではないでしょうか。

この時は、短いペダルを、和音を弾くと同時に入れてみましょう。

このペダルは、長さとタイミングが大切です。

長く入れすぎれば間延びした感じになりますし、タイミングがずれればうまく響きません。

ちょうど良いタイミングで、ちょうど良い長さのペダルを入れられるように練習しましょう。

しっかりとペダルを使えれば、きれいに和音が強調されますよ。


3.ペダルを入れる時の注意点

ペダルを自分の好みで入れるのは、全く問題ありません。

しかし、むやみやたらにペダルを使ったり、意味のないペダルを入れたりするのは止めましょう。

確かにペダルを入れると、音がつながるので弾きやすくなります。

しかしながら、ペダルはあくまで演奏の補助です。

ペダルありきの演奏では、いつまでたっても本当の意味で上達したとは言えません。

ペダルばかりに頼っていると、ペダル無しで音をつなげたり、音を響かせる事ができなくなってしまいます。

しっかりと技術を上達させた上で、より素敵な演奏をするためにペダルを使いましょう。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ