ピアノの一番左のペダルの役割

ピアノのペダルを踏む時、よく使うのが一番右のペダルです。

一番右のペダルに比べて一番左のペダルの役割はあまり知られていないように思います。

そこでピアノの一番左のペダルの説明をしていきます。

ペダルの意味を理解し、ピアノの上達につなげましょう。

1.ピアノのペダル

ピアノのペダルは3本あり、よく使われるのが一番右のダンパーペダルです。

ダンパーペダルを踏むと、鍵盤から指を離しても音が伸びたままの状態を持続させることができます。

スラーやなめらかなフレーズを演奏したい時にこのペダルを踏むと、音が途切れずに弾くことができます。

真ん中のペダルはグランドピアノでは使ったことがない人も多いと思われますが、ソステヌートペダルと呼ばれ、鍵盤から指を離したその音だけを伸ばし持続させることができます。

その音だけを伸ばしたまま、他のフレーズを弾くことができます。

アップライトの真ん中のペダルはマフラーペダルといい、消音のためのペダルです。

そして一番左のペダル、このことについては次の項目で詳しくみていきましょう。

2.ピアノのペダルの一番左

一番左のペダルは、グランドピアノとアップライトピアノとでは呼び方が違います。

構造上も少し違っていますのでそれぞれ説明していきます。

1.グランドピアノ

グランドピアノではシフトペダルと呼ばれます。




普通音を出すときハンマーが3本の弦を叩いて音を出しますが、シフトペダルを踏むと鍵盤ごと右に少し移動し、そのためハンマーは2本の弦を叩くことになり音量が小さくなります。

音量だけでなく音色も変わります。

2.アップライトピアノ

アップライトピアノではソフトペダルと呼ばれます。

ソフトペダルを踏むと、グランドピアノのときのように弦を叩く本数は変わりませんが、ハンマーが弦に近づきます。

ハンマーと弦の距離が近づいたため弦への当たりが弱まり、タッチ感が変わり音は少し弱くなりますが音色はほとんど変わりません。

3.どのような時に使用するのか

どのような時にこのペダルを使用するのでしょう。

楽譜上に次の表記がある時に使用します。

una corda(ウナ コルダ u.c)ペダルを踏む箇所

tre corde(トレ コルデ t.c)ペダルを離す箇所

ペダルを踏むことにより、音量を小さくしたり柔らかい丸い音色になります。

初級レベルでよく使われる曲の中で、ギロックの雨の噴水という有名な曲があります。

この曲はシフトペダルを使い、柔らかな水の音を表しています。

そしてこの曲はシフトペダルと一番右のダンパーペダルを同時に使います。

シフトペダルはダンパーペダルに比べて踏み替える回数が頻繁ではないので同時に使うことがあってもそれほど大変ではありません。

このように左のペダルを使うことにより演奏の幅が出てピアノが上達します。

ペダルの意味を理解し、うまくペダルを使えるように練習しましょう。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ