ピアノのペダルはいつから使い始めるのか?

ピアノのペダルを使うと、メロディーやフレーズが途切れることなく綺麗に演奏することができます。

ではペダルは習い始めていつから使い始めるのか、その時期とペダルのことについてお伝えします。

1.ペダルについて

ペダルは3本あります。

ペダルを初めて踏む時に、まず最初に使われるのが1番右のダンパーペダルです。

ダンパーペダルを踏むと、鍵盤から指を離しても音が長く伸びます。

スラーなど滑らかに弾きたい時、音と音をつなげて弾きたい場合に使われます。

ペダルを使うことによりピアノの上達につながります。

2.ピアノのペダルはいつから使う?

ピアノを習い始めの頃はまだペダルは使いません。

ではいつから使い始めるのが良いのでしょうか。

詳しく説明していきます。

1.ペダルを使う時期

ペダルを使う時期ですが、ピアノを弾くことにある程度慣れていないといけません。

初心者や習い始めの人で、まだ鍵盤に慣れていなくて音を探すことに精一杯だったり、指づかいがおぼつかない状態ですとペダルのことまで考える余裕がありません。

両手でスケールが弾けるぐらい鍵盤に慣れていればペダルを使うことができると思います。

初級レベルの曲の中でもペダルを使う曲がありますが、まずペダルを踏む練習をしてみましょう。

2.バーナムの1巻でペダルの練習

ペダルの練習として簡単に取り入れられるのが、バーナムの1巻です。




バーナムは初級用のテクニックのテキストですが、第1巻の5番目にペダルを使う曲が出てきます。

両手の譜面ですが4小節の簡単なフレーズなので、難しい踏みかえはありません。

ペダルは踏むタイミングが難しく、踏むタイミングがずれてしまうと音が濁ってしまいます。

ペダルをうまく使うには、踏むタイミングと自分の耳で濁っていないかを確かめる必要があります。

ですから初めのうちは、ペダルを踏むことに慣れる目的で練習するようにしましょう。

3.必要に応じて補助ペダルを使う

小さいお子さんの場合、ペダルに足が届かないので補助ペダルを使用してください。

補助ペダルは、補助台とペダルが一体化しているので足の置く場所が安定し正しい姿勢でピアノを弾くことができます。

ペダルを踏む時は、かかとを地面につけて足の指の付け根のあたりで踏みます。

かかとを軸として踏むので適正な高さで足を置く必要があります。

必要に応じて補助ペダルを用意しましょう。

ペダルを本格的に使おうと思うと、ペダルのテクニックや自分の耳で聴いて確かめることなど、初心者や小さいお子さんには難しいと思います。

ですが、ペダルに慣れておくという点では初級から練習しておくと良いでしょう。

しかしペダルを踏むことに気をとられ、弾くことをおろそかになってはいけません。

まずはしっかり鍵盤に慣れること、両手の指を動かせるようになり気持ちに余裕が出きたらペダルの練習もしてみましょう。

少しずつ曲にペダルを使い、ピアノを上達させてください。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ