ピアノの補助ペダルとアシストペダルそれぞれの特徴

身長の低いお子さんがピアノを弾くとき補助台を使ったり、ペダルを使うときは補助ペダルやアシストペダルを使います。

そのピアノの補助ペダル、アシストペダルなどそれぞれの特徴をお伝えしたいと思います。

1.補助ペダルの種類

ピアノの補助台は大きく分けて2種類あります。

1つは補助台、これは足を置くだけの台です。

2つ目は補助ペダル、これは補助台にペダルが付いていてペダルに足が届かない身長の低いお子さんでもペダルを使うことができます。

補助ペダルには、直接ペダルに取り付けるアシストペダルと呼ばれるものもあります。

では補助台、補助ペダルの特徴を詳しく説明していきます。

2.ピアノの補助台、補助ペダル、アシストペダルの比較

補助台、補助ペダル、アシストペダルの3点はそれぞれ特色があります。

それでは1つずつみていきましょう。

1.補助台の特徴

補助台は、足を置く台です。

小さいお子さんがピアノの椅子に座った時、足がブラブラ浮いた状態になり体が安定せず良い姿勢でピアノを弾くことができませんので補助台は必要です。

補助台はピアノの足元に置くだけなので設置が簡単です。

高さの調節は、ネジで回して調節できるものや段階に分けられているものがあります。

価格は補助ペダルに比べて安く、1万円以内で購入できますが、後にペダルを使用するようになって補助ペダルが必要になると買い換えなければいけません。

2.補助ペダルの特徴

補助ペダルは補助台とペダルが一体化しているので、ペダルを使わない時でも補助台として使用できます。




補助ペダルを設置するのは少しコツがいります。

特に、右のダンパーペダルと左のソフトペダルの両方を一緒に使用するとき、左右の位置を調整するのが難しいです。

コンクールや発表会の本番で、親御さんが設置しなければならないという場合は設置する練習を何度かしておかないと時間がかかってしまいますので注意してください。

高さの調整は補助台と同様、ネジで回して調整できます。

そして補助ペダルは価格が高いです。

コンクールなどでよく使われるM−60というモデルのものは4万近い値段で、補助台とは価格が大きく違います。

しかし補助ペダルを購入したほうがペダルの練習もできますので、ピアノの上達にはこちらの補助ペダルの方がいいかと思います。

3.アシストペダルの特徴

アシストペダルは、ペダルに直接取り付けるので実際のペダルの感覚で踏むことができます。

アシストペダルは、高さを調節できるアシストハイツールとセットで使用します。

それとアシストスツールという足台と組み合わせて使います。

それぞれ単品なので、身長が伸びてきたらアシストペダルだけ使うということもできます。

価格は補助ペダルよりは安く25,000円ほどです。

注意点はアシストペダルは小さいお子さんには使えません。

だいたい130㎝ぐらいの身長から使えます。

このように補助台、補助ペダル、アシストペダルにはそれぞれ特徴があります。

お子さんの身長、レベルに合わせて適正な補助台を選びピアノの上達に役立ててください。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ