補助ペダルの使い方と選び方 | ピアノが上達する練習法

補助ペダルとは、椅子に座った時にペダルに足が届かない子供でもペダルを使うことができるようにするために作られたものです。

補助ペダルについて気になることがあれば、「補助ペダルの使い方と選び方 | ピアノが上達する練習法」を参考にして下さい。


1.対象身長と年齢

ピアノの椅子に座った時、足が完全に地に着くように座れる身長は155cmくらいです。

それ以下の身長でペダル操作が難しい場合は、補助ペダルを使用することになります。

補助台にペダル機能がついたものであれば、110cmくらいから135cmくらいまで使用できます。

年齢にすると5~10歳前後になります。125cmくらいになると、ペダルに直接器具を取り付けるアシストペダルを使用することができますので、ペダル機能付補助台からアシストペダルに移行することになります。

補助台を使用する場合は、かかとの位置にも注意が必要ですので、購入の前に実際に試すことができればベストでしょう。


2.使用目的

ペダルがあるピアノと名のつくものであれば、グランドピアノでも電子ピアノでも補助ペダルを使用することができますが、補助ペダルは、機種によって台の重量や幅、台の昇降範囲やペダルの踏み心地などに違いがあります。




家庭用として使うのであれば、ピアノを弾く人が複数でなければ常時設置することになるので、重くても問題ありませんが、レッスン用や発表会に持参することは難しいですので、使用目的にあったものを選ぶことが重要です。


3.補助ペダルを使わなくても大丈夫?

どんなにあがいてもペダルに足が届かないような場合はともかく、椅子をちょっと低くしたり、少し浅く腰掛けて足を伸ばせばなんとかペダルを踏める、という身長になって初めてペダルを踏むような曲を発表会で弾くことになったら、子供はすぐ大きくなるし、補助ペダルを使うかどうか迷うようなこともあると思います。

ピアノは指だけで弾くのではなく、体全体を使って弾くものであるため、ペダルを弾くために姿勢を崩してしまったのでは、よい演奏はできませんし、いろいろな練習法も効果を発揮できません。

この時期の子供は体も速く成長しますが、精神的にもたくさんのことを吸収していく時期でもあります。

満足のいくパフォーマンスをするためには、いいピアノであることやきれいに着飾ることも必要ですが、よい音を出せてこそ満足できるものですので、そこはごまかさずにいきたいものですね。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ