ピアノのオクターブが上達する練習法

ピアノを習い始めて数ヶ月、数年経ってくると、これがピアノの難しさか、と痛感するものの一つに、オクターブがあります。

そんなオクターブを上達させる練習法には、コツがいくつかあります。


1.ストレッチやマッサージをする

まず一つ目に、すでにオクターブを弾いてきている人でも、ピアノの先生に勧められることが多いことかと思いますが、ストレッチやマッサージをすること、これは基本的で本当に大切なことです。

ピアノは音楽と言えど、指だけでなく、体全体を使って行うスポーツと同じです。

スポーツをする時は、みなさん準備運動をしますよね。

それと同じで、ピアノ、特にオクターブが出てくる曲を弾く前には、よく開くように手全体をマッサージでほぐして、特に親指と小指が開くように、ストレッチをすると良いです。

詳しいストレッチのやり方は、広げた片方の親指と小指を、もう片方の手でもっと開けと念じながらぐいっと広げます。

机やピアノの蓋などの、直線のところで広げても良いです。

オクターブのどんな練習法を試しても上手くいかない、と思う前に、これを試してみて下さい。

毎日繰り返していき、だんだん手が柔らかく広がるようになっていけば、その分、オクターブが届きやすくなるというわけです。


2.練習では親指を意識する

二つ目に、実際にピアノの前でするオクターブの練習法のポイントのお話です。

それは、親指です。

オクターブの親指の音だけを弾いてみてください。




それも、ただ弾くだけではなく、親指の付け根=手首のところから上下に動かすように意識してみてください。

「えっ親指だけで良いの?」と思った方、親指だけ弾くといっても、楽ではないですよ。

普段の手の動きを思い出してみて下さい。

荷物を持ったりペンやお箸を持ったりするときに、親指を握ることは多いですよね。

しかし、このオクターブの練習の時のように、親指を上下に動かすことって、普段の生活ではあまりありません。

まずは思った通りに親指を動かせるようにすることです。

親指だけで弾けるようになると、嘘のようにオクターブが弾きやすくなっていますよ。

試してみてください。


3.手首を上げすぎない

三つ目に注意していただきたいのが、手のフォームなのですが、特に、手首が高くなりすぎると、綺麗な音でオクターブが弾けませんし、手が疲れてきてしまいます。

手のフォームと言えば、卵を手のひらに入れたような、とか、猫の手のように、などと先生に言われたことのある、アレです。

オクターブ以外ではできても、オクターブでそれを保つのは大変です。

まずは、手首を鍵盤と同じくらいの高さに下げないことには始まりません。

これらのポイントとなる三つのことをまずは意識してみてください。

オクターブの練習では決して無理をせず、できる範囲でやってみてください。

オクターブが上達すれば、ピアノが更にかっこよくなるはずです。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ