ピアノのレガートが上達する練習法とは?

ピアノで好きな曲を、レガートでなめらかに綺麗に弾けたら、かっこいいですよね。

今回はその「レガートが上達する練習法」をお教えしたいと思います。


1.レガートとは

練習法の前に、まずはレガートの意味から再確認してみましょう。

レガートとは、イタリア語で、「なめらかに」という意味です。

ピアノやクラシック音楽の楽譜には、「Legato」と書かれますが、前の音と次の音をなめらかにつなげて弾く奏法のことです。

反対語はスタッカートで、こちらは「切って、飛び跳ねて」弾く奏法です。


2.レガートで弾くには

ではレガートで弾くには、どうしたら良いのでしょうか?

レガートの意味で説明したとおり、前の音から次の音を弾くときに、2音をつなげて弾かなければならないので、前の音を早く離しすぎてしまうと、次の音とは切れてしまいます。

ポイントは、その前の音のほうを、ぎりぎりまで長く弾いておくことです。

そして次の音を弾くと同時に前の音を離すと、つながってレガートに聞こえる、というわけです。

分かりやすくピアノの音で説明すると、ド→レをレガートで弾く場合、ドを、レを弾くぎりぎりまで押さえておき、レの音が鳴ったと思ったらドを離します。

そうすると「ドーレ」といったように、ドとレがなめらかにつながり、レガートになります。





3.練習法

次に練習法ですが、先ほどのレガートの弾き方で、まずはゆっくりと2音のレガートを弾けるようにしてみてください。

今練習しているピアノの曲の中にレガートで弾く箇所があればそこを取り出して、丁寧に2音ずつ練習しましょう。

曲でなくても、いろんな指使いの2音を好きな音で練習してみるのも良いかもしれません。

そして2音のレガートが上達してきたら、音を増やしていきます。

レガートは、2音だけとは限らないのです。

曲によってはほとんど全部の音をレガ-トで弾く場合もあるくらい、たくさん出てきます。

しかし怖がる必要はありません。

ぎりぎりまで弾いて離す、を繰り返していけば、音が増えても同じことなので、きっとコツを掴めば大丈夫ですよ。


4.上手くいかない場合は

これらの練習法で上手くいかない場合に、もう1つポイントがあります。

それは、体重移動です。

まず1音目に腕の体重を鍵盤に乗せるイメージで弾きます。

そして2音目にその体重を移してあげます。

3音目からも同様です。

レガートがうまくいかない原因で考えられるのは、指が鍵盤から浮かんできてしまっていることです。

浮かんでくると、そもそも音が切れてしまいますので、鍵盤に指を沈めながら体重を乗せて、体重移動をしてみてください。

これでレガートの上達は間違いなしです!







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ