キーボードでピアノのスキルを上達させる方法

ピアノを習っていても、住んでいる環境によっては、ピアノを置けず、キーボードで練習している方はたくさんいると思います。

そこで今回は、キーボードとピアノの違いを理解しながら、「キーボードでピアノのスキルを上達させる方法」をご紹介いたいと思います。


1.音域

まず一つ目のキーボードとピアノの大きな違いは、音域ですよね。


1.音域の違い

ピアノはほとんどの場合88鍵ありますが、それに対してキーボードは49鍵のものや61、76鍵などから、32、44鍵ほどしかないミニサイズまで、色んなサイズがあります。

76鍵のものを選べばさほど変わりませんが、一番小さい32鍵を選んでしまうと、半分以下と、だいぶ違いますね。

鍵盤の数を言われてもピンと来ない方のために、参考になれば良いのですが、1オクターブに白鍵、黒鍵合わせて12鍵あります。

32鍵のキーボードでは、3オクターブ弱しかないことになってしまいます。

これでは、両手で弾ける曲はかなり限られてきてしまいます。


2.音域の違いをカバーするには

これは、なるべく鍵盤数の多いキーボードを選んでいただくことです。

76鍵でなくても良いにしても、最低49鍵、あわよくば61鍵くらいあると、色んな曲にチャレンジでき、上達しやすいでしょう。




もし鍵盤数の少ないキーボードしかお持ちでなくて、その鍵盤数でおさまるなら問題ありませんが、おさまらない曲が出てきたときは、1オクターブ下げたり上げたりして何とか練習をしますが、左右がぶつかってしまったり、レッスンや発表会などでピアノを弾いたときに、高さや音を間違えやすくなってしまいます。

そんなときは、レンタルピアノルームやピアノが置いてある公民館などを借りて、本物のピアノで弾く機会をなるべく増やしながら、練習をしていってください。


2.タッチ

二つ目のキーボードとピアノの大きな違いに、タッチがあります。


1.タッチの違い

これは、弾いてみれば一目瞭然です。

キーボードはとても軽く、その後にピアノを弾くと、かなり重く感じるでしょう。

キーボードは、力のない子供には良いかもしれませんが、指を少ししか動かさなくても音が出てしまうため、指の力や動かす筋肉は発達しにくいでしょう。

いつもキーボードで練習していると、ピアノで弾いたときに、その重さに疲れてしまう方がたくさんいるほどです。


2.タッチの違いをカバーするには

こちらも、なるべく本物のピアノで練習する機会を増やしながら、キーボードでも指の力がつくように、指を1本1本しっかりと関節から動かすように心がけてください。

時々ではなく、練習するときはいつも気をつけて弾くようにするだけでも、だいぶ上達のスピードが違うと思いますよ。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ