ピアノを上達する為に使いたいオススメのグッズ

ピアノを上達する為にオススメのグッズってあるのでしょうか?

実はピアノの上達にオススメピアノグッズっていろいろあるんですよ。

これを読んだら、そういう使い方があるのか~と感じてもらえると思います。


1.上達する為に使えるピアノグッズといっても用途別にいろいろあります。

「ピアノを上達する為には練習しかないでしょ」と思っているそこのアナタ!グッズ一つで上達に繋がる事も多々あるんです。

まずピアノ上達に使えるグッズといっても色々用途があります。




モチベーションを上げるために使うグッズ、自分の演奏を客観的に見る為のグッズ、練習に直接関係してくるグッズです。

上手く使えばピアノの上達に大いに役立つと思います。

そんなピアノ上達に使えるグッズを紹介したいと思います!


1.お気に入りのシール

ピアノ教室でも定番のシールですが、私がオススメしたいのは、普段、練習したらシールをカレンダーに貼っていく方法です。
ピアノが弾けるようになったらシールを貼ってもらうのはピアノ教室の先生にお任せして、是非日々の練習ができたら毎日貼ってあげてください。
カレンダーに毎日シールが増えていくととてもモチベーションが上がりますし、お子さんの自信につながりますよ!

実際に自分の子供にもこの方法ピアノや勉強もやっていたのですが、毎日欠かさずピアノ練習や勉強が出来るようになりました。

どちらかというとこれから練習の習慣をつけていくためにするので、5分でも10分でもまじめに練習していれば是非シールをはってあげてくださいね!


2.録音する為の機器、ビデオカメラなど

自分の演奏を客観的に聴くことはピアノの上達にとても必要なことです。

そこで是非活用してほしいのが、録音する為の機器、ビデオカメラなどです。

最近ではスマホでも録音できますし、カメラ機能で動画も撮れますので手軽にできますね。

そして是非自分の演奏を聴いてみてください。

たぶん、自分で思っているような弾き方じゃなかったと思います。

また、録音することで、緊張状態も体験できますので、発表会前などの練習に使えます。

また、毎回録音しておくと、自分の出来ていない箇所も良く分かりますしいいことづくめですよ!


3.メトロノーム

ピアノ上達に是非使ってほしいのはメトロノームです。

ピアノというのは感情を音に乗せて弾く楽器ではありますが、だからと言ってテンポを守らなくてよいということではありません。

基本となるテンポは守ってほしいので是非普段の練習でしっかり使ってみてください。

少しずつメトロノームのテンポを上げていきながら練習すると上達も速いですよ!


2.上達の為のピアノグッズは工夫次第でどんどんピアノが上手くなります

ピアノグッズについて書いてきましたがいかがでしたか?

上達する為のピアノグッズは工夫次第で色々使えますし、何よりもお子さんがピアノを好きになってくれたら嬉しいですよね。

是非ピアノグッズをうまく活用して、ピアノ上達に役立ててくださいね!







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ