指くぐりのやり方 | ピアノが上達する練習法

5本の指で8つの音階をピアノでなめらかに弾くためには、親指を支点とした手の移動、すなわち指くぐりが必要になります。

「指くぐりのやり方 | ピアノが上達する練習法」では、指くぐりについて説明します。


1.基礎練習

指くぐりの際、親指は日常生活にはない半円を描くような動きをしますので、最初はうまく動かしたり、早くなめらかに動かすことが難しいはずです。

このような動きを身につけるためのの基礎練習には二つのアプローチがありますので、右手も左手も二つともマスターするようにして下さい。


1.他の指を支点にする練習法

レの音を中指または薬指で抑え、その指を支点として親指を動かす練習法です。

レを抑えた状態で、ドとミ交互に親指で弾きます。

この時に注意することは、支点になっている指を中心にして手首を回さないことです。

手首を回転させると、肘や肩も動いてしまいますので、とても大きな動きになってしまいます。

指くぐりをするたびに肘や肩が動いてしまっては、鳥が羽ばたくようなピアノの弾き方になってしまいかねません。

それではみっともないですし、速いパッセージを演奏することが困難になります。

手首を回さないでどこを動かすのかといえば、親指のMCP関節(親指の付け根の関節)を支点に、半円を描くように親指を動かすのです。




中指より薬指を支点にするほうが難しいと思いますが、どちらもできるようにしなければなりませんので、両方の指で練習するようにしましょう。


2.親指を支点にする練習法

次に、親指を支点にする練習法ですが、これはソの音を親指で抑えた状態で、右手の場合はファの音を中指または薬指、ラの音を人差し指、左手の場合はその逆で、ファの音を人差し指、ラの音を中指または薬指で交互に弾きます。

このような運指でファとラを弾くと、手全体が左右に移動することになりますが、この練習法でも手首を回転させないように注意してください。

手首の角度は固定したまま、親指のMCP関節を曲げたり伸ばしたりして、手そのものを左右に平行移動させます。

この練習法でも、中指より薬指のほうが難しいのですが、どちらもできるようにしておかなければなりません。


2.注意点

何度も書きますが、手首は回さない、というのが一番のポイントです。

親指のMCP関節だけを動かして手首の角度は動かさず、鍵盤に対して平行に手を移動させるようにします。

目標は、ピアノで音階を弾いた時に、音を聴いた人や手の動きを見ている人が、どこで指くぐりをしたかわからないようにすることです。

そのためには、ゆっくりでも、テンポ通りに、打鍵の強さにも気をつけながら、練習するしかありません。

なめらかに弾けるようになるまでには、相当の時間が必要ですが、根気よく続けていけば、必ずできるようになります。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ