ピアノの右手と左手の強弱の付け方

ピアノは、右手と左手で違う音を弾くため、それぞれの強弱を変える必要があります。

そこで今回は、「ピアノの右手と左手の強弱の付け方」を考えていこうと思います。


1.左右の役割を考える

そもそも、なぜ右手と左手で強弱を変えなければいけないのでしょうか?

同じではだめなのでしょうか?

強弱を変える理由は、左右での役割が違うため、強弱という形で差を付けるからなのです。

その役割とは、一番多いのが、メロディーと伴奏です。

右手がメロディー、左手が伴奏であることが多いですね。

2つのどちらを目立たせたいかを考えると、やはりメロディーですよね。

伴奏がうるさくてメロディーが聞こえないと、何の歌なのか伝わりにくくなってしまいますよね。

他の楽器では2人以上で演奏するものを、ピアノでは右手と左手で1人で演奏するので、1人で2人分以上やらなくてはならなくて、しかもきちんと2人以上いることが分かるように弾かなければなりません。

ピアノは大変なので、時々、ピアノ以外の楽器が羨ましくなります。


2.弾き方を変える

ではその強弱の変え方ですが、これが難しいのです。

変えようとただ思うだけでは左右の強弱を変えることはできません。

そこでポイントになるのは、弾き方を変えることです。




同じように動かしていて差が出ないのであれば、腕の使い方や、指の動かすスピードなどを変えてみてください。

練習方法としては、片手ずつよく練習することですが、役割を果たすためにどう動かすか、どんな音量にするかをよく考えながら、弾いてみてください。

静かに弾きたい伴奏に限って音が多く、がちゃがちゃとうるさくなりがちなので、静かに動かすようにしてみてください。

動きが小さい方が、小さい音が出やすいですよ。

それぞれが上手く弾けるようになれば、強弱の差も、前よりも出るようになっているのではないでしょうか。

右手がメロディー、左手が伴奏の場合はたくさんあるので、何曲か練習していくうちにだんだん慣れていきますが、役割が逆で、左手がメロディー、右手が伴奏の曲が出てきたら、さらにたくさん練習してください。

右利きの人は左手が苦手なことが多いですが、利き手を越えるつもりで左手も練習する勢いがあれば上達すると思います。


3.左右のバランスをよく聴こう

左右の強弱の差が出てきたら、よく自分の音を聴きながら、左右のバランスが良いか、考えながら弾いてみてください。

明確な答えはないので、自分や、ピアノの先生の耳が頼りです。

これができるようになれば、上達間違いなしですよ。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ