ピアノの片手の練習法を試してみよう!

ピアノの先生に、「片手ずつ練習しなさい」と言われたことはありませんか?

今回は「ピアノの片手の練習法を試してみよう!」というタイトルで、片手ずつの練習の必要性と練習法を紹介しようと思います。


1.なぜ必要なの?

まず、なぜ片手ずつの練習が必要なのでしょうか?

ピアノは、両手で違う音を弾くため、それぞれ全部の音を意識して指を動かすということが、難しいからです。

右手でこれを弾いて、左手でこれを弾いて、ととても忙しいので、どの音もおろそかにならないために、片手ずつをよく弾けるようになるように、片手ずつ練習するのです。

片手ずつ弾けないと、両手ではもっと弾けませんよね。

ピアノに慣れるまでの初心者はもちろんのこと、慣れてからも、新しい曲を始める度に片手ずつの練習をやりますし、その曲が弾けるようになってからも、無意識にならによう、再三片手ずつで練習したりもします。

片手ずつの練習が、スポーツを始める前の準備運動のような役割を持っていると思います。

スポーツを始める前は準備運動で体をほぐしてからやりますよね。

それと同じです。

片手ずつの練習の必要性がお分かりいただけましたか?

面倒に思わないで、とても成果の出やすい練習法なので、試してみてくださいね。





2.練習法

では次に、実際の練習法について説明します。

片手ずつの練習は、二種類あります。

一種類目は、順番に右手だけ、左手だけ(順番はどちらが先でも可)と順番にやす練習ですが、これはみなさんすぐに思いつくと思います。

この練習法は、その曲にまだ慣れてない場合に、たくさんやると良いです。

もう一種類は、苦手な箇所の苦手な手のほうを集中的にやる練習法なのですが、例えば左手が追いついていない、と思ったら、左手、両手、左手、両手、という順で繰り返します。

この理由は、まず左手だけ弾けるようにして、その後すぐに両手でやってみることによって、両手で弾いても左手が弾けるようになっているか、試してみる必要があるからです。

一回で上手くいかなかったとしても、左手、両手と繰り返していくうちに、上達していくはずです。

両手の時に、今練習していないほうの右手が弾けなくなったとしても、一旦置いておいて、まずは左手ができるように続けてください。

左手が完璧になった後で、右手に取りかかるようにするほうが、それぞれを完璧にしやすいですよ。

音の多いピアノの曲を、全て完璧に弾くことは難しいです。

しかし、諦めずに片手ずつの練習を試してみていくうちに、上達していけるはずです。

ぜひ試してみてくださいね。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ