ピアノのスケールの左手が上達するポイントとは?

ピアノのスケールの練習をしていて、左手につまずいてしまうことは、ありませんか?

左手のほうが難しいので、「ピアノのスケールの左手が上達するポイントとは?」をお読みいただいて、左手の苦手意識をなくしましょう!


1.スケールの難しさ

まずは、ピアノのスケールの難しさを理解していきましょう。

確認ですが、スケールとは、音階のことですよね。

ピアノでドレミファソラシドと弾くのに、指5本では足りないので、指くぐりをしなければなりませんが、その指くぐりが、スケールにおいての最大の難関です。

しかも左右の指くぐりが違うために、混乱しやすいのです。

特に左手は、使い慣れていないのもあり、とても難しいのです。


2.指くぐりのポイント

次に、左手の指くぐりが上達するポイントを説明します。

まずは、指くぐり以外の指も、しっかり支えを作りながら弾きます。

指先がぐにゃぐにゃしないように、そして手のフォームが崩れないように気をつけておくことで、指くぐりもしやすくなります。

そして指くぐりがもうすぐ来る、と心の準備をしておき、1つ前の音を弾くときにはもう指くぐりの動作に入っていなければなりません。




例えばハ長調の左手のスケールの場合、上がるときは54321321の指を使いますが、一回目の3あたりからもう指くぐりのことを頭に入れておき、1を弾くときにはもう3は動き始めて親指を飛び越えています。

1を弾いてからくぐるのではそこで少しの間が空いてしまいます。

下るときは、12312345の指を使いますが、こちらはすぐに指くぐりが来てしまうので、最初の音のときからくぐることを頭に入れておきます。

そして3を弾くと同時くらいに1の指は他の指の下を通ってソの近くまで行っておきます。

早めに指くぐりの準備することが、スケールが上達する、最大のポイントです。


3.綺麗に弾くには

指くぐりができるようになってきたら、今度はいかにスムーズに、綺麗に弾けるかどうかを考えていきたいです。

綺麗に弾くポイントは、急な動作をしないことです。

準備を事前にするときに、あまり急いでバッと動かすと、音もその音だけ飛び出てしまいます。

そうならないために、指や腕の動きから丁寧に動かすようにしてみてください。

また、くぐるときに肘が横に出ないよう、注意してください。

ピアノの左手はただえさえ不器用なことが多いですが、これらを頭に入れて練習をしていけば、スケールも綺麗に弾けるようになりますよ。

頑張ってください。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ