ピアノの左手がうるさい原因と対策

ピアノを両手で弾いていて、左手がうるさいと先生に注意されたり、自分で思ったりしたことはありませんか?

そこで今回はピアノの左手がうるさい原因と対策を考えていこうと思います。


1.うるさい原因

まず左手がうるさい原因をいくつか書いていきます。

1つ目は、左手のほうが右手よりも音が多く、その分うるさく聞こえてしまう場合。

2つ目は、左手の方が不器用で動かし辛く、スムーズに動かず、結果うるさく聞こえてしまう場合。

主に原因はこれらのことが考えられます。

両手が同じくらい動くことが求められるピアノならではの難しさだと思います。


2.うるさく聞こえてはいけない理由

左手は右手よりもうるさく聞こえる理由がある、ということがお分かりいただけたかと思いますが、ではそもそも、うるさく聞こえてはいけないのでしょうか?

この答えは、ピアノの曲の時と場合によります。

左手がうるさいと注意される頻度の方が高いのは、左手が、伴奏系などの、主役ではないパートを受け持っていることが多いからなのです。

左手がメロディーを弾くときは、もちろん左手が主役で、目立っても良いです。

しかしその出番はかなり少ないでしょう。




学生のときの、合唱を思い出してみてください。

女子のソプラノが一番目立つメロディーを受け持つ箇所がほとんどで、他のアルト、テノール、バスが主役になるのはごく一部かで、無い曲も多いですよね。

高い音は耳に入りやすく、高いメロディーの方が聞きやすいのです。

それは仕方が無いので、低いパート担当の人、左手はメロディーを支える力持ちになれば良いのです。

メロディーは支えがなければ味気が無くなってしまいますので、左手も大切に扱ってあげてくださいね。


3.対策

左手がうるさい原因、うるさくなってはいけない理由もお分かり頂いたところで、次に、うるさくしないための対策を考えていこうと思います。

それは、左手の腕を上達させることでしょう。

原因のところで書いた2つのことを乗り越えるには、左手を、自由自在によく動く、静かにも弾けるし時には主役にだってなれるスーパーマンのように、よく練習してみてください。

今練習している曲の左手は、どう弾くべきかよく考えて、そこに必要な技術を身につけていくことの繰り返しで、何曲も弾けるようになったあかつきに、左手の引き出しが増えて、いつの間にか上達しているものです。

左手の腕を磨いて、ピアノを弾くことをもっと楽しめると良いですね。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ