ピアノの左手の運指のあれこれ

ピアノの右手と左手では運指(指使い)が異なり、特に混乱しやすいのが左手です。

今回は、ピアノの左手の運指についてまとめましたので、ぜひお読みください。


1.和音

まず始めにご紹介したいのは、ピアノの和音の左手の運指についてです。

こちらは、よく出てくる和音に関しては、一番弾きやすい運指でどの教本にも書かれており、もう決まり事と言ってもいいくらいです。

ドミソは、ドとミ、ミとソの音程(音の幅)が同じなので、運指も均等に、下から531となりますが、ドファラの場合はドとファのほうが、ファとラより広いですよね。

このように音程が違う和音は、運指に注意が必要で、広い音程のところを指でも広く取って、ドファラは521で弾きます。

同様にシファソも521となりますが、シレソの場合は531です。

シレソはレとソが広いのですが、これらの和音で4の指はあまり使いません。

ドミソのような3つの音からなる和音のことを、三和音と言うのですが、三和音では一番上と下の音を1と5で弾き、真ん中の音は2か3の指で弾きます。

音が3つ以上の和音の場合は4も使わないと届かないことが多いのでよく使います。

今回はほんの一例を紹介しましたが、他の和音でも、考え方は同じです。

正しい運指で左手の和音を弾いて、上達させましょう。


2.スケール

次にご紹介するスケール(音階)の場合は、運指と言っても基本的には隣の指を弾いていくのですが、注意が必要なのが、指くぐりです。




ハ長調の場合ですと、左手ではドレミファソラシドを54321321で弾くのですが、ソの次のラのところで3の指は1の指の上を通ってくぐります。

ドシラソファミレドと下がるときには12312345と、ラを3の指で弾いた次は、ソの1の指は3の下を通ってくぐります。

ピアノの鍵盤は88鍵あるのに対して人の指は片手に5本、両手に10本しかありません。

ピアノを弾きこなすには、スケールに限らず、指くぐりを上達させる必要がありそうですね。


3.アルペジオ

三つ目にご紹介するのは、左手のアルペジオ(分散和音)の運指です。

例えばドミソドミソ…と弾いて行く場合は、5421421…と繰り返していきますが、オクターブに挟まれた音、ここではミソの運指に、いつも注意が必要です。

先ほど、三和音の運指では4の指はあまり使わないと説明しましたが、アルペジオではオクターブに挟まれた音を234のどれか2つを使いながら弾いていくため、頻繁に出てきます。

その234のどれを使うのかは、和音で説明しましたことと同じ考え方で、音程によります。

また、手が小さい方などは届かないときがあるかもしれませんが、その場合は運指を変えてしまっても構いません。

ピアノを弾くにあたって、運指はとても重要です。

運指1つで弾きやすくも弾きにくくもなります。

よく考えながら、丁寧に練習していけるといいですね。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ