ピアノを弾くときの手の形は?疲れない練習法

ピアノの手の形ってどうやるか知っていますか?

昔と今ではかなりピアノの指導も変わってきています。

私も昔習ったときは手の中に卵が入ったような形といわれて弾いていました。

ピアノが上達するための手の形の練習とは?どういった手の形が正しいのか?を書いていきたいと思います。


1.ピアノを練習するための手の形は今と昔では違います

昔、「手と鍵盤の間に卵が入るように丸くする」と習った方は多いと思います。

現在ではこのように指導することは少ないと思います。

ただ注意してほしいのは指の関節はへこませず、出すということです。


2.卵が入るような手の形以外のピアノの練習の仕方は?

手の形は卵型以外の弾き方はどんな奏法があるのでしょうか。

人によって合う合わないはありますが、ヨーゼフ・ホフマンの奏法ではないでしょうか?

そんな疲れにくいピアノ練習法、ヨーゼフホフマンの奏法を紹介したいと思います。


1.ヨーゼフホフマンとは

ホフマンはわずか10歳にして、長期間の演奏旅行を行い、神童とよばれ、アメリカが演奏活動の拠点となりました。

アントン・ルビンシテインに師事し、個人指導を受け(ルビンシテインに個人指導を受けることができたのは、ホフマンが唯一人だったそうです)、その後ホフマンはカーティス音楽学校で教鞭を執りながら、1938年まで同校校長を務めました。




ホフマンは小さな手をしていたので、他の有名な手の小さいピアニストのように難儀していたそうです。

そこでピアノで有名なスタンウェイ社ではホフマンのために、鍵盤の狭い特製ピアノ(1オクターヴごとに1/8インチ狭い)を造ったそうです。

手の小さいホフマンだからこそなのかもしれませんね。


2. 理にかなった手の使い方で疲れ知らず

鍵盤の上にげんこつを置きます。

そのげんこつの状態から自然に指をずらしながら鍵盤に指を置きます。

広げた手の形は人差し指は高く、小指は低くなります。

こうすることで、理にかなった腕のポジションで弾くことが出来ます。

これがホフマン奏法の基本フォームになります。

昔の「卵型」の手の形とは全く違いますよね。


3.ピアノを練習する為の手の形はひとそれぞれです

一例としてホフマンの奏法を書いてみましたがいかがでしたでしょうか?

人の手の形は、その人によって違いますし、合う合わないがあります。

ホフマンの奏法を基本として弾くもよし、ほかの方法でもかまいませんので、自分の腕に負担がない方法を是非見つけてほしいと思います。

負担のない奏法で、いい音が出せるようピアノ練習を続けてほしいと思います。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ