ピアノを練習する時の手の形のポイント

「ピアノを弾く時、手は丸くしましょう」ピアノ経験者の方であればよく言われたのではないかと思います。

正しい手の形を覚えて綺麗な音色を奏でる、それできたらピアノはぐっと上達します。

正しい手で弾くためのピアノの練習のポイントをお伝えします。

1.ピアノを弾く時の手

ピアノを弾く時、手の形によって音色が変わります。

普段、レッスンなどではおそらく「丸くしましょう」と教えてもらっていると思います。

しかし丸くしない演奏法もあります。

優しい音色を出したい時は丸くしないで指を寝かせて弾くこともあります。

手の形を丸くして弾く、まずはこの基本の形を身につけましょう。

2.ピアノを練習する時は手を意識する

ピアノを習い始めて、または弾き始めてまだ間もない頃は手を丸くして指を立てて弾くというのはおそらく難しいと思います。

自分自身で手を意識して弾かないと正しい形で弾くことはできませんし、子供の場合はなおさら自分で手の形に気をつけながら練習するのは無理でしょう。

お子さんの場合は、お母さんが練習の合間合間に「手の形綺麗になってるかな」と言ってあげるといいです。

何回も言ってあげることによって子供も自分で手の形を意識するようになってきます。

すぐに身につくことではありませんので、根気よく言ってあげてください。

それでは具体的に、正しい手の形で弾くポイントをお伝えします。




1.手の形

まずは手の形を丸くする、よく「卵を持つ手」や「テニスボールなどの小さいボール
を持った時の手の形」と言われています。

その他には「おばけの手」」という例えもあって、ピアノの椅子に座りそのまま腕を伸ばして手首から指先の力をだらっと抜きます。

それが幽霊の「うらめしや〜」の手の形に似ています。

そして腕はそのままの高さで指先だけ鍵盤の上に置きましょう。

小さいお子さんには「おばけのお手て」と言ってあげると楽しく練習できると思います。

2.手首の高さ

手首の高さで注意すべきことは、決して鍵盤の高さの下にならないことです。

手首を鍵盤の高さより高くすることにより指も自然と立てれるようになります。

3.手の位置

手の位置、というよりかは指を置く位置と言った方がわかりやすいかと思います。

鍵盤に指を置く位置は、基本的には黒い鍵盤より手前の場所です。

簡単な例えだと、ハ長調の音階を弾くときずっと白い鍵盤を弾きます。

そのときの指を置く場所が基本的な位置です。

ハノンなどの基礎練習のときにはこの位置を基本にして、決して黒鍵が位置してある奥の方は弾かないようにしましょう。

今回は基本的な手の形をお伝えしましたが上達するにつれてレベルが上がり、曲によってはこの形でない場合もあります。

まずは基本の形を身につけ、綺麗な手で綺麗な音色を奏でられるようにしましょう。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ