ピアノの左手の指くぐりが上達する方法

ピアノの左手の指くぐりは、右手よりも難しいですよね。

左手が苦手な方に、この「ピアノの左手の指くぐりが上達する方法」をお読みいただいて、少しでも参考になればと思います。


1.フォームや腕の使い方

左手の指くぐりを上達させるのにかかせないのが、手のフォームと腕の使い方です。

フォームはしっかりと指の第三関節がでるように丸く作り、指先が内側へへこまないように気をつけます。

綺麗なフォームの状態から、指を下ろして音を出すようにします。

腕は、座ったときに肘が直角より少し開くようにし、座っている場所が前すぎず後ろすぎないか、ちょうど良いところを探します。

そして左右に腕を動かしてみてください。

指くぐりをするということは、音が左右に動いているということですよね。

そんなときは、腕を上下ではなく左右だけに動かすようにしてみてください。


2.くぐるときのポイント

次に、実際に弾くときの指くぐりのポイントですが、ピアノの左手の音階に見立てて、音階の上がるときのような親指の上を通る指くぐりと、音階の下がるときのように親指が他の指の下を通る指くぐりと、2種類に分けて説明しようと思います。




まずは親指の上を通る指くぐりですが、くぐる指が行きすぎないように、くぐる動作が大きすぎないように気をつけてください。

動作は、最小限の無駄のない動作が良いです。

この指くぐりは特に、やりすぎるとくぐるときに肘が横へ飛び出してしまいます。

そうならないように気をつけましょう。

次に、親指が他の指の下を通る指くぐりですが、親指をたくさん曲げるようにしてみてください。

親指を曲げずに腕を動かしてくぐろうとすると、こちらも肘が横へ飛び出てしまいます。

指くぐりを上達させるには、ただ単にピアノを弾くだけでなく、指や腕をよく観察しながら練習してみてください。


3.左手

左手は特に、右手よりも不器用な人が多いです。

普段から文字を書いたりお箸を持ったり、スポーツでラケットやバットを持つのも、たいていは右手が中心ですよね。

左手は使い慣れておらず、思ったように動いていないのです。

ピアノでは両手ともよく使うので、左手の不器用さが出ないように、普段からなるべく使うようにしてみるといいですよ。

文字を書くこととお箸を持つことは利き手でないと難しいですが、物を持ったり、左手で窓を拭いてみたり。

左手の動きを意識してみるだけでも、違います。

左手を上手に弾くことを諦めずに、試してみてくださいね。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ