指をそれぞれ独立できるようになるためのピアノ練習法

ピアノを弾いていて、思った通りに指が動かない、小指、薬指が上手く動かせない、特定の指だけ大きい音が出せない、速い曲になると、指が追い付いていないということがあります。

それは、10本の手の指が、それぞれ思った通りに動いていないということです。

ここでは、指がそれぞれ独立する為の練習について考えていきたいと思います。


1.指を独立させるためのピアノ練習はどんな方法があるの?

ピアノを習っていると指を独立させるということを先生に指導されたことがある人は大勢いると思います。

一本一本の指をそれぞれ思い通りに動かすにはどのような練習をしていけばよいのでしょうか?

私自身がピアノ練習をやっていてこれは指の独立のために効果があったなと思える方法をお伝えしたいと思います。


1.ゆっくり丁寧に弾く

ピアノ曲の練習をしているとついつい早く弾いてしまいがちです。

速く弾いて最後まで間違わず思った通りに弾けているなら大丈夫なのですが、途中で早くなったり弾きにくくて遅くなったり、ということならそれは、弾けているとはいえないです。

ゆっくり弾くことで、しっかり思った鍵盤の場所を弾けているのか、目でも確認できます。

この作業を繰り返しすることで、指も自然に独立して使えるようになるのです。

ゆっくり練習するということは、どの練習にも上達する為に通じることなのです。





2.ハノンを使ってみる

ハノンの練習も指の独立のために役に立ちます。

ただし、ハノンは使用する鍵盤は白鍵が多いので、移調などして対応する方が良いかもしれませんね。
ハノンは単調な指の練習なので好き嫌いもあると思います。

ついついムキになって延々と練習を続けてしまい指を痛めてしまったということになると困りますので、指や腕が疲れて来たら、やめた方が良いでしょう。

またハノン以外のフィンガートレーニングも良いものがあるので、先生に相談してみるのも良いと思います。


3.今弾いているピアノ曲がレベルにあっていない

今弾こうとしているピアノ曲自体が今の演奏レベルにあっていない場合はなかなか指が独立して動かない可能性があります。

一度曲を見直してみることも大事ですね。


2.ピアノを弾く上での指の独立練習は自分にあったもので上達しよう

指を独立させるためのピアノ練習法いかがでしたでしょうか?

「ゆっくり弾く」ということは基本中の基本練習です。

これをやった上で、フィンガートレーニングを取り入れてみたりするとよいと思います。

ゆっくり練習して、少しずつ早くしていくことで指もだんだん慣れてきますし、それを繰り返すことで指も独立するようになってくるのです。

是非根気よくピアノの練習つづけてみてくださいね。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ