ピアノでの「指を温める」とは

ピアノを弾く時に、「まずは指を温めなさい」と言われた事はありませんか。

これは別にカイロなどで指を温めろと言っているわけではありません。

ピアノで言う「指を温める」の意味と、その方法を紹介します。


1.ピアノにおける「指を温める」の意味

ピアノでの「指を温める」というのは、単に指の外側を温めろという意味ではありません。

簡単に言えば、運動の前の「身体を温める」の「温める」と同じです。

すなわち、今から運動をするための、ピアノを弾くための準備運動をするという事です。

温める理由は、運動をする時と同じです。

より指を動きやすくしたり、急な動作での怪我を防ぐ役割があります。

指を温めることによって練習の質が良くなり、上達しやすくなりますし、何よりも指を痛める事を防ぐ事ができます。

特に冬場は、指がかじかんでいると動きにくいので、よく指を温めるようにしましょう。


2.指の温め方

指の温め方は人それぞれです。

例えば、練習曲ハノンの1番。

最も基本的な指の動きで、無理なく指を動かすことができます。

最初に2,3周この曲を弾くだけで、指はピアノを弾くための準備ができるでしょう。

他にも、自分の練習している練習曲を弾くという方法もあります。




あまり激しい練習曲ならば別ですが、基本的に練習曲は指がしっかりと動くように作られています。

指の温めの一環として、練習曲を練習するのも良いでしょう。

特に難しい曲や激しい曲を練習する前は、念入りに指を温めるようにして下さい。

しかし、やりすぎて練習に入る前に、指が疲れてしまっては上達できません。

指の温め方を決めておき、やり過ぎないように注意しましょう。


3.演奏会前は

練習を始める前に、指を温めることは必要な事です。

しかしながら、演奏会などで演奏する場合、弾く直前まで指を温めてはいられません。

良くても、演奏の1,2時間前には温めておけるくらいでしょう。

そこで演奏会が近づいてきたら、練習時は指を温める前に、1度曲を通して弾いてみるようにして下さい。

先ほどと矛盾しているように感じるかもしれませんが、指を痛めるのは、反復練習などを指を温めずに長時間行った場合です。

1曲通すくらいならば、大丈夫でしょう。

演奏会前にそのような練習をしておく事によって、演奏会前に充分指が温められなくても、ある程度自信を持って、弾けるようになります。

演奏会前は、緊張してただでさえ指がこわばります。

普段の練習で、指が温まっていなくてもピアノを弾けるようにしておきましょう。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ