ピアノを弾くために指を鍛える練習方法

ピアノで指を鍛える練習方法はどんなものがあるのでしょうか?

ここではピアノを弾くために色々な指を鍛える方法を考えていきたいと思います。


1.ピアノを弾くために指を鍛える練習と言えばハノン?

私が習っていた時代はピアノを弾き始める前に必ず指慣らしとしてハノンをしていましたが、最近は私自身そこまで必要性を感じていないです。

普段弾いている曲を丁寧に、練習していればキチンと弾けるようになると思うのです。





2.あなたがピアノを弾いていて指を鍛える必要性が感じたのはどんな時?

アナタがピアノを弾くために指を鍛えるということを思ったのはなぜなのでしょうか?

その理由を少し考えてみましょう。


1.指が早く動かないのは指の訓練不足?

例えば指が早く動かないからという理由なら、それは指の訓練というよりは、練習の取り組み方がまずいのかもしれません。

今弾いている曲で指を速く動かせないと思っている方は、まず、ゆっくりのテンポで初めから最後まで間違わずに一定の速度で弾けているのでしょうか?

恐らく弾けるところと弾けないところが混じっていて、弾けていない部分が強調されて「指が動かない」と思っている場合が多いです。

その場合はその弾けていない場所を弾けるようにしてやれば良い訳です。

是非その部分だけ取り出して部分練習をしっかりやってみましょう。

早く弾けるようにするには、譜読みをしっかりした上で初めから終わりまで通してゆっくりで良いので一定の速度で弾けるようにすることが大事だと思います。

ゆっくりの速度で間違わず弾ければ、また少しテンポアップして弾けるようにしていく。

これを繰り返していけば指はしっかり動くようになりますし、少しずつ思った通りにひけるようになりますよ!


2.重音のメロディーが弾きづらい

たまに片手で重音のメロディーなんかが出てきて弾きづらいという話を聞きます。

これもその曲の重音部分を取り出して弾けば指を鍛えることが出来ます。

ハノンにも重音の練習があったと思いますが、出来ない部分を取り出して練習するので充分のような気がします。


3.ピアノを弾くために指を鍛える練習は必要?

ピアノを弾くために指を鍛える練習はそこまで必要はないと思いますが、弾きづらい部分を取り出して繰り返し練習することで指の訓練になると思います。

基本は出来ないところは繰り返し練習、出来るところは取り出して練習する必要はないと思います。

毎日忙しい中練習時間をみつけてやっているのであれば、なるべく効率よくピアノ上達したいですよね!







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ