ピアノを弾くための指の訓練について

ピアノを弾くために指の訓練ってどんなものがあるのでしょうか?

ここでは指の訓練についていろいろ書いていきたいと思います。


1.ピアノで指の訓練でフィンガートレーニングって何?

フィンガートレーニングって一度は聞いたことがあると思います。

要は指の訓練ということですね。

ピアノの楽譜コーナーに行けばフィンガートレーニングの本も色々並んでいると思います。

その中でもよかった本を紹介したいと思います。




ピアノのためのフィンガートレーニング/藤本 雅美

ちょっと難しいかもしれませんが、読んでみるとなかなか興味深い内容ばかりで良かったです。


2.ピアノで指や腕を痛めないように弾くための訓練

ピアノをうまくなりたいために一日何時間も練習していても間違った訓練をしていれば、指や腕を痛める恐れがあります。

私は、ピアノを弾くにはある程度の筋力トレーニングも必要だと思っています。

キチンと練習していればピアノを弾くための筋力はつく!と言われそうですが、あえて効率よく訓練する為にオススメの秘密兵器をご紹介します。

それはグリップマスターというものです。

ネットで検索していただいたら画像も出てくると思うのですが一本一本テンションバーが独立していて程よく鍛えられるので良いですね。

ピアノの鍵盤が重いと感じている方にもおすすめです。

このグリップマスターを、ピアノを弾くためのの指の筋トレと思って指を痛めない程度に毎日続けていると握力も上がってきますし、ピアノの鍵盤が重いと感じていた方はピアノを弾くことが少し楽になるんじゃないでしょうか。

勿論グリップマスターも良いですがピアノを使った練習もしてくださいね!


3.ピアノで指の訓練も大事だけど、正しい姿勢や手のポジションも大事

ピアノで指の訓練も大事ですが、それ以前に正しい姿勢や手のポジションもとても大事です。

悪いポジションで弾いていると体にも負担がかかりますし、指や腕を痛める原因にもなります。

椅子の高さは自分の体に合っていますか?

合っていなければしっかり調整しましょう。

椅子の座り方はどうですか、深く座りすぎていませんか?

何度も調整して自分にあった椅子の高さを見つけましょう。

腕の高さおかしくないですか?腕は鍵盤に水平になる高さがベストですよ。

手の置き方などもう一度チェックしてみましょう。

その上で指の訓練やピアノ練習をしてみましょう。

指や腕を痛めてしまったらしばらく練習できなくなってしまいますし、結局上達するのに遠回りしてしまうことになるのです。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ