ピアノの鍵盤を弾くときの正しい指の形

ピアノの鍵盤に指を置いた時、正しい指の形になっていますか?

正しい指を覚えるとピアノの演奏も上達します。

ピアノの鍵盤に指を置いた時の正しい形をお伝えします。

1.ピアノの鍵盤を弾くときの指の注意点

鍵盤に指を置くとき、正しい指で用意できるようにしましょう。

そうすると無理な力を入れずに鍵盤を弾くことができます。

正しい指で弾くにはどのようなことに注意すればいいのかをお教えします。

1.指の形

鍵盤に指を置いたとき、指の形はどうなっていますか?

弾く前から指の形が正しくないと、弾き始めの音色は綺麗ではありません。

指は立ててください。

目安として自分の爪が上を向いていないこと、爪は向こう正面に向いていると正しい形です。

親指の1の指は第一関節を曲げてなるべく立てる、指の横の全面で弾かないように注意してください。

これが正しい指の形です。

なぜ指を立てないといけないのでしょうか。

それは、5本の指で足りない時の指くぐりをする時に重要になります。

指くぐりをする時は、ある指を軸としてくぐります。

もし指を立てていなければスムーズにくぐることができません。

指を立てていれば手の平に空間がありますのでスムーズに速く動くことができます。

指の形を正しくすることで弾けなかったところが弾けるようになったり、無理な力を入れずに弾くことができます。




いつもこの指の正しい形を意識しておきましょう。

2.鍵盤に指を置く位置

次に鍵盤に指を置く位置ですが、白い鍵盤のところに指を用意します。

その時に白い鍵盤の手前のギリギリの場所でもいけませんし、黒い鍵盤がある奥の方にいきすぎてもいけません。

正しい位置は、黒い鍵盤と白い鍵盤の間に鉛筆1本分空けた場所が正しい位置です。

確認のため1度、鉛筆を置いてみるといいでしょう。

その位置で指を用意すると、指の形も自然に正しい形になります。

2.鍵盤から指は離さない

正しい指で用意できたら、実際に鍵盤を弾きます。

鍵盤を弾くとき、鍵盤に指が触れてから鍵盤を弾くようにしてください。

鍵盤に触れずに、そのまま弾いてしまうと鍵盤を叩いてしまい綺麗な音が出ません。

特にスタッカートの時、上から叩いて短く跳ねて弾いてしまうことが多いと思います。

しかし上から叩いてしまうと、ミスタッチをしてしまう可能性がありますし、叩いたきつい音になってしまいます。

スタッカートの時でも鍵盤に指を置いて指を引き上げるイメージで弾いてください。

そうすれば綺麗な音で短く跳ねる音ができます。

このように正しい指の形でピアノを弾くことにより、綺麗な音色を出すことができます。

そして難しいフレーズを無理なく弾くことができます。

そうするとピアノは今より上達します。

正しい指で鍵盤に置けているかを毎日の練習で確認してください。







ピアノが驚くほど上達する練習教材

ピアノが驚くほど上達する練習教材

✓初心者だけどピアノが上手くなりたい
✓今からでもピアノを初めてみたい
✓お子さんのピアノの上達を応援したい
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「ピアノが驚くほど上達する練習教材」です。

ピアノが驚くほど上達する練習教材は、 音大出身のピアノ教室の講師などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にピアノが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のピアノが上達する練習教材を紹介します。


  • ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】



    ピアノ指を習得したい人にオススメ!



    このプログラムは 国立音大卒の一流講師陣 が教えるスムーズに指を動かすための秘訣が詰まっています!

    「指が思うように速く動かない。」「手が小さい、指が短いから決まった曲しか弾けない」といった人におすすめです!

    しかも 180日間の返金保証 がついたプログラムなので、安心して取り組めます!

  • 30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!



    ピアノ初心者向け教材の決定版!



    このプログラムは 大人になってピアノを習いたい人や昔、挫折したけどもう一度チャレンジしたい人 のために開発されたピアノ上達プログラムです!

    ピアノ教室の本物の講師が監修したこのプログラムなら、ピアノ教室に通うことなく、 帰宅後や家事の合間 などちょっとした時間に、30日取り組むだけでピアノが弾けるようになるでしょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ